台風16号2021最新進路予想を米軍ヨーロッパ気象庁でたまごから比較!日本へ接近上陸はいつ?

台風16号2021最新進路予想を米軍ヨーロッパ気象庁で比較!日本接近はいつ?天気
スポンサーリンク

9月23日(木)21時、マリアナ諸島で台風16号(ミンドゥル)が発生しました。

日本へ接近・上陸の可能性があり、今後どんどん発達する予報で十分な警戒が必要です。

2021年はダブル台風やトリプル台風も発生し、いよいよ今後は日本直撃コースの多い秋台風に備えていかなければなりませんね。

日本の南側では海面温度も30度前後と高く、台風発生・発達の条件が揃っています。

こちらの記事では台風16号(ミンドゥル)のたまご~台風の発生、現在地や最新情報、各情報機関での進路予想図についてまとめていきます。

米軍ヨーロッパ気象庁などの進路予想図を紹介しながら、気になる日本への接近・上陸はいつなのかも追っていきますので、参考にして早めに備えてくださいね。

台風消滅まで最新情報を更新していきます。

10月2日(土)9時、台風16号(ミンドゥル)は日本の東海上で温帯低気圧へ変わりました。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

目次

スポンサーリンク
スポンサーリンク

台風16号(ミンドゥル)2021の最新情報の進路予想図は?

ここからは台風16号(ミンドゥル)の最新情報を随時更新していきます!

台風16号(ミンドゥル)2021の10月2日9時現在の状況

10月2日(土)9時現在の情報です。

台風16号(ミンドゥル)は10月2日(土)9時に、日本の東海上で温帯低気圧へ変わりました。

太平洋沿岸には高波などの影響が残りますので引き続き注意してください。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

\楽天で今大人気です!/

台風16号(ミンドゥル)2021の10月1日19時現在の状況

10月1日(金)19時現在の情報です。

「大型で強い」勢力の台風16号(ミンドゥル)は、千葉県銚子市の東南東の海上を時速40㎞で北東に向かって進んでいます。

勢力は徐々に弱まってはいますが、大型のため暴風域はやはり広く、台風の中心から離れた千葉県と茨城県の一部が暴風域の中に入っています。

19時の時点で千葉県、茨城県、福島県浜通りに暴風警報が発令されています。

停電している地域もあり、復旧の際の通電による火災などにもじゅうぶん注意してください。

台風16号(ミンドゥル)2021の10月1日13時現在の状況

10月1日(金)13時現在の情報です。

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

「大型で非常に強い」台風16号(ミンドゥル)は、八丈島の東南東の海上を時速35㎞で北上中です。

伊豆諸島の一部が暴風域に入り、台風の中心から離れた関東・東海・近畿の一部沿岸側も強風域に入っています。

今後は伊豆諸島付近を通過し、関東の南東海上を通って三陸沖へと進むと見られます。

台風の北側の活発な雨雲の影響で、本州でも雨が強まっており、また午後は関東でも暴風による停電や飛来物に警戒してください。

引き続き最新の情報をこまめにチェックしましょう。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月30日12時現在の状況

9月30日(木)12時現在の情報です。

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

「大型で非常に強い」勢力の台風16号(ミンドゥル)は、日本の南海上を時速25㎞で北に向かって進んでいます。

今後は徐々に進路を北東方向に変えて、速度を上げながら明日10月1日(金)に伊豆諸島付近へ最接近する見られます。

その後は関東の南東海上を通過しながら三陸沖へと進む予想です。

伊豆諸島では今夜にも暴風雨となるおそれがあり、災害発生に備えて今のうちにハザードマップの確認や避難場所、防災グッズの準備など最大限の警戒が必要です。

台風16号(ミンドゥル)は大型で強風域が広いため、台風の中心から離れた本州でも関東や東北の太平洋側を中心に荒天が予想されます。

交通機関にも影響が出る可能性もありますので、こまめに情報を確認しましょう。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月29日9時現在の状況

9月29日(水)9時現在の情報です。

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

「大型で非常に強い」勢力の台風16号(ミンドゥル)は、日本の南海上を時速15㎞で北に向かって進んでいます。

今後の進路は北東へ転向し、10月1日(金)ごろには関東の南・伊豆諸島付近を通過すると見ています。

特に伊豆諸島では最大限の警戒が必要で、高波・暴風雨などの危険があり厳重な対策が必要です。

また台風16号(ミンドゥル)は大型であることから強風域も広いことが特徴です。

台風の中心から離れた場所でも影響が出るおそれがあり、関東南部~東北地方の太平洋側を中心に荒天が予想されます。

交通機関・道路状況への影響も考えられますので最新の情報をこまめに見ることと、早めに災害対策を見直しておきましょう。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月28日12時現在の状況

9月28日(火)12時現在の情報です。

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

大型で「非常に強い」勢力の台風16号(ミンドゥル)は、日本の南をゆっくりと北に向かって進んでいます。

30日(木)にかけて再び発達すると見られ、「猛烈な」勢力になってからまた勢力を少し落とし、「非常に強い」勢力で日本へ接近する見込みです。

今後の進路は北東方向へ変えて、10月1日(金)ごろに伊豆諸島近く海上を通過すると見られています。

本州へ上陸する可能性は低そうですが、「大型」の台風で「非常に強い」勢力のまま接近しますので、台風の中心から離れた場所でも荒れた天気となるおそれがあります。

油断せず、引き続き最新の情報をチェックしてください。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月27日18時現在の状況

9月27日(月)18時現在の情報です。

台風16号(ミンドゥル)は、大型で「非常に強い」勢力で沖ノ鳥島付近の海上をゆっくりと北北西に向かって進んでいます。

明日28日(火)にかけて再び発達し、大型で「猛烈な」勢力となる予想で、台風から離れた場所でも影響が出るおそれがあります。

進路は今後も北上し、10月1日(金)ごろに伊豆諸島付近を通過する予想です。

大型の台風は暴風域・強風域共に広い範囲に及びますので、当初の予想より進路が反れてはいますが厳重な警戒が必要です。

引き続き情報を追っていきます。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月27日9時現在の状況

9月27日(月)9時現在の情報です。

台風16号(ミンドゥル)は、発達のピークだった「猛烈」な勢力から「非常に強い」勢力に変わりました。現在は沖ノ鳥島近海を北に向かってゆっくり進んでいます。

進路は今後も北上を続けて、来月早々10月1日(金)ごろに伊豆諸島近くを通過する予想です。

勢力を落とさず「非常に強い」勢力のまま接近すると見られ、台風の中心から離れた関東や東海地方でも荒天となり大きな影響が出るおそれがあります。

強い雨や風、道路の冠水、交通の乱れなどの可能性もありますので、引き続き最新の情報をチェックしてください。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月26日9時現在の状況

9月26日(日)9時現在の情報です。

「非常に強い」勢力の台風16号(ミンドゥル)は、現在フィリピンの東海上でほとんど停滞している状態です。

明日27日(月)朝までに「猛烈な」勢力へと発達し、そこから北上してくると予想されています。

月末30日(木)ごろからは進路を東よりに変えてくる見込みです。10月1日(金)にかけて伊豆諸島近海を通過していくと見られています。

予報円が少しずつ小さくなり、進路予想が定まっては来ましたが、少しの東西のずれで大きく影響が変わってきますので、引き続き最新の情報をチェックしてください。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月25日21時現在の状況

9月25日(土)21時現在の情報です。

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

台風16号(ミンドゥル)は「非常に強い」勢力へと発達し、暴風域をともないながらフィリピンの東海上を北北西に向かって時速15㎞で進んでいます。

今後さらに発達すると見られ、週明け27日(月)には「猛烈な」勢力になると予想です。

暴風域が広く、台風の中心から離れていても強く影響が出る可能性があります。

台風は高気圧の縁に沿って進む性質がありますが、台風16号(ミンドゥル)の東西にある亜熱帯高気圧の影響で、東西の進路において不確実性が高い状態です。

最新の進路予想をこまめにチェックしましょう。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月25日15時現在の状況

9月25日(土)15時現在の情報です。

「強い」勢力の台風16号(ミンドゥル)は、フィリピンの東海上を西北西に向かって時速15㎞で進んでいます。

今日25日(土)の午後になって台風16号(ミンドゥル)は急発達。短時間で中心気圧が20hPaも低下しました。

今後も発達を続け、週明け27日(月)には「猛烈な」勢力になる予想です。

暴風域も広く、進路も不確実性が高いので、進路によって各地への影響が大きく変わります。今のうちに対策は済ませておき、最新の情報をこまめに確認してください。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月25日9時現在の状況

9月25日(土)9時現在の情報です。

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

台風16号(ミンドゥル)は現在、フィリピンの東海上を時速15㎞で北西に向かって進んでいます。

昨日より発達して「強い」勢力になり、週明けにかけてさらに発達しながら北上。28日(火)には日本の南で「猛烈な」勢力の台風にまで発達すると見られています。

予想進路は、これまでより少し東よりになってきてはいますが、予報円がまだ大きく不確実性が高いです。

接近する場所によって大きく影響が変わりますので、引き続き最新の情報をチェックしましょう。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月24日15時現在の状況

9月24日(金)15時現在の情報です。

台風16号(ミンドゥル)は、マリアナ諸島を時速20㎞で北西に向かって進んでいます。

台風の進路にあたる場所の海面水温が高く、また風の条件など台風を発達させる条件が揃っており、今週末に急発達する予想です。

今週末には「非常に強い」勢力へ、さらに来週明けには「猛烈な」勢力へ発達すると見られ、進路も北上して日本接近の可能性があります。

最新情報をこまめに確認し、台風接近に備えてください。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月24日9時現在の状況

9月24日(金)9時現在の情報です。

昨日21時に発生した台風16号(ミンドゥル)は、現在マリアナ諸島を時速20㎞で西北西に向かって進んでいます。

後述していますが日本の南の海面水温が高く、風も台風発達の条件が揃っているため、急速に勢力を強めると予想されています。

今週末26日(日)9時には「非常に強い」勢力へと発達し日本へ接近・上陸の可能性もありますので、今後の最新情報をこまめにチェックしてください。

台風16号(ミンドゥル)2021の9月23日21時現在の状況

9月23日(木)21時現在の情報です。

9月23日(木)21時、マリアナ諸島で発達中だった熱帯低気圧が台風になりました。台風16号(ミンドゥル)の発生です。

今後も発達を続けて「非常に強い」勢力で北上し、日本接近の可能性があります。

まだ予報円が大きく、進路によっては日本へ大きな被害が出るおそれもあります。こまめに最新情報をチェックして台風接近に備え警戒しましょう。

台風16号(ミンドゥル)2021たまごの9月23日15時現在の状況

9月23日(木)15時現在の情報です。

マリアナ諸島付近で発達中の熱帯低気圧、台風16号(ミンドゥル)のたまごが、24時間以内に台風まで発達する可能性が高いと発表されています。

進路予想を見ていると日本接近の可能性もあり警戒が必要です。

また南シナ海で発達中だった熱帯低気圧が、9月23日(木)15時に台風15号(ディアンムー)となりました。

こちらは西に進むと見られ、日本への影響はなさそうです。

引き続き情報を追っていきます。

スポンサーリンク

米軍合同台風警戒センターJTWCの台風16号(ミンドゥル)2021の進路図

米軍合同台風警戒センター(JTWC)が発表する台風情報を見ていきます。JTWCはアメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関です。

もとはアメリカ政府・アメリカ軍が利用するのためのツールですが、一般へも公開されており、誰でも簡単にワンクリックでアクセスが可能です。

下記は日本時間で10月1日(金)15時現在の米軍画像です。

【10月1日(金)15時】

台風16号2021米軍最新

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印が2つ見えていますが、ABPWの西部北太平洋エリアを見ていきます。

赤い矢印「TY20W」は台風16号(ミンドゥル))で、大きな雲の渦が解析されています。TYは「TYPHOON」の略です。日本に最接近しているのが分かりますね。

昨日までは別のオレンジ〇の熱帯低気圧が解析されていましたが、現在は消滅しています。

色のついた〇や赤い矢印によって現在の低圧部~熱帯低気圧の発達状況や、今後の発達予想を表しています。このシーズンは特に、こまめにチェックするといいかもしれません。

以下ご参考ください。

LOW(黄色の丸):24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性は低い
MEDIUM(オレンジの丸):台風・熱帯低気圧になる可能性があるが、24時間以上かかる
HIGH(赤い丸):24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性が高い
SUB TROPICAL(水色の丸):熱帯低気圧と台風の中間
赤矢印:熱帯低気圧・台風

通常は6時間おきに情報が発表されます。

上記の画像中央下に「01/0600Z」とありますが「01日/06:00」の意味で、世界標準時刻で表示されています。日本との時差である9時間を足したものが日本時間となりますので、「01/0600Z」の場合は「01日の15:00」となります。

進路予想図の日付と時間も同じ見方となります。

以下は米軍が発表している台風16号(ミンドゥル)の進路予想です。

台風16号2021米軍進路予想

10月1日(金)~2日(土)にかけて関東・東日本へ最接近の予想です。

その他の情報機関の進路予想図もあわせて見ていきましょう。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風14号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センターECMWFの台風16号(ミンドゥル)2021の進路図

次にヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図です。ECMWFはスーパーコンピュータによる予報で、ヨーロッパだけでなく世界の各地域、アジアの予報も行っているのでぜひあわせてチェックしてみてください。

ECMWFは「世界一の数値予報精度」と言われているんですよ!

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は10日予報なので、時間が経つにつれて精度が落ちていきますが、10日先まで終えるのは助かりますよね。

以下は9月29日(水)21時の予報画像です。

【10月1日(金)9時】

台風16号2021ヨーロッパ最新

引用元:(ECMWF

日本の関東へ最接近の台風16号(ミンドゥル)が解析されています。

 

周りの低気圧(Lの表示)よりも明らかに色も濃くて大きく、危険なことが一目で分かりますね。厳重な警戒が必要です。

翌日には三陸沖へ進む予報になっています。

【10月2日(土)9時予報】

台風16号2021ヨーロッパ最新

引用元:(ECMWF

引き続き調査していきます。

ECMWFのサイトへ飛んで、予想図右下の「▶」をクリックすると、10日分の予想画像を動画として見ることができます。ECMWFの日付けと時間も世界標準時刻で表示されているので、9時間を足して日本時間で確認してください。

最新の情報はこちらから▼
ヨーロッパ中期予報センター

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風14号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

Windyの台風16号(ミンドゥル)2021の進路予想

続いてWindyでの進路予想図です。Windyは前述の「ヨーロッパ中期予報センター/ECMWF」をモデルにしたツールで、パイロットや政府機関などこちらも幅広く利用されています。

以下の画像のように気圧とあわせて風向きも映像で見られるので、天気予報を視覚的に確認できておすすめです。見てるだけでもおもしろいですね。

▶️を押すと時間が進行して予報がみられます。また画像上をスクロールしながら好きな位置を確認することもできますよ。

現在は関東へ最接近している台風16号(ミンドゥル)が見えています。

時間を進めてみると、10月1日~2日にかけて北東方向へ進み、三陸沖へ向かう予想です。

Windyは動きが目で見てよく分かりますので、ECMWFの進路予想と合わせて確認すると良さそうです。

画像の右上「風」をタップし、さらに風速をタップすると、台風の現在地・風の流れも確認できますのでご参考ください。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風14号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

気象庁の台風16号(ミンドゥル)2021の進路予想

こちらは気象庁の予想図です。このあたりは日本でよく見る進路予想図なので、見やすいかもしれませんね。

日本の情報機関は、やはり日本語で台風の現在の位置や勢力などを知ることができるので、詳細は日本の情報で見て備えると良さそうです。

【10月1日(金)14時現在】

台風16号2021気象庁最新

出典:気象庁

伊豆諸島近海を通過中の台風16号(ミンドゥル)が解析されていますね。

今後は10月2日(土)にかけて北東へ進み、三陸沖へ向かう進路予想です。

以下の天気図でも台風16号(ミンドゥル)が解析されています。

【10月1日(金)12時予報】

台風16号2021気象庁天気図

引用元:気象庁

そのほか、台風16号(ミンドゥル)の東に別の熱帯低気圧発生も解析されていますね。こちらは北上する予想になっていますが、注意して見ていきます。

引き続き情報を追っていきます。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

日本気象協会の台風16号(ミンドゥル)2021の進路予想

そして日本気象協会の進路予想です。

【10月1日(金)14時現在】

台風16号2021日本気象協会最新

引用元:日本気象協会

日本気象協会の情報でも、現在伊豆諸島近海を通過中の台風16号(ミンドゥル)が解析されています。伊豆諸島では10月1日(金)は大しけになると見られ、そのほか台風の進路に近い海域でも、しけ~大しけになるなど大きく影響が出ると見られています。

2日(土)0時には日本の東へ達し、その後は性質を温帯低気圧に変える見込みです。

台風が離れても高波・強風の危険は残りますので、引き続き警戒してください。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

ウェザーニュースの台風16号(ミンドゥル)2021の予報

最後にウェザーニュースでの進路予想図と今後の予報です。

ツイッターでもお馴染みの方も多いかもしれませんね。お天気に関する様々な情報を提供をされています。

【10月1日(金)13時】

台風16号2021ウェザーニュース最新

引用元:ウェザーニュース

ウェザーニュースでも台風16号(ミンドゥル)の情報が発表されています。

こまめに最新情報をチェックしながら、なるべく早く台風対策がとれるように備えておきましょう。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

ウェザーニュースでは平年の台風の月別の発生数も届けており、8月の平均発生数は5.7個、9月も5個ということで、1年の中で1番台風の発生が多いシーズンと注意を呼び掛けています。

台風10号2021最新情報・平年の台風発生数

引用元:ウェザーニュース

スポンサーリンク

台風16号(ミンドゥル)2021:海面水温は?

台風や熱帯低気圧の発達条件には、海面水温が非常に大きく関わっています。

以下は気象庁が発表している、海面水温の実況図です。

【9月30日(木)】

台風16号2021気象庁海面水温

引用元:気象庁

日本列島の南の海面水温が真っ赤になっており、25度~30度以上あるのがよく分かります。台風は海面水温が26.5度以上で発生すると言われており、水温が高いと発生した弱い渦を発達させるのにも好都合です。

気象庁の公式ページで海面水温の実況図を都度確認できますので、ご参考ください。

→気象庁「海面水温実況図」

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

台風16号(ミンドゥル)2021の名前の由来/意味は?

台風16号の名前は「ミンドゥル/Mindulle」で、北朝鮮によって名付けられました。

朝鮮の言葉で”たんぽぽ”を意味する言葉だそうです。

日本では台風を区別して呼ぶのに、数字を使って「台風〇号」と言うのが一般的ですね。気象庁では毎年その年でいちばん早く発生した台風を1号とし、その後は発生順に番号をつけていきます。

番号のほかにそれぞれの台風には名前がつけられており、2000年から現在のように名前がつくようになりました。

それまではアメリカが英語の人名をもとに名付けていたそうですが、2000年から環太平洋の国・地域が名前を出し合って全部で140の名前があり、順番に名前が当てられています。

スポンサーリンク

台風16号(ミンドゥル)2021:避難前に確認しておくことは?

台風はある程度、事前に備えたり対策が可能な災害です。

普段から防災グッズを準備されている方も多いかと思いますが、台風が近づきそうであれば避難前に今一度確認しておきましょう。

【避難前に確認しておくこと】
・非常持ち出し袋/防災バッグ
・夜間の停電に備えて懐中電灯
・懐中電灯が点灯するか
・断水に備えて飲み水や生活用水
・避難所で数日過ごせる持ち出し品
・数日分の非常食
・避難場所とそこまでの避難経路
・川沿いを避けた避難経路を確認
・避難経路は複数確保(目印も)
・ハザードマップを確認
・テレビ/スマホ/ラジオなどで最新情報を得る
・気象情報+交通情報を把握
など
季節によって寒さ対策、暑さ対策、乳児やお年寄りの避難などでも変わってきますので、定期的に見直すことをおすすめします。
スポンサーリンク

台風16号(ミンドゥル)2021:コロナ禍での避難に必要なものは?

通常の防災グッズに加えて昨今はコロナ禍ということで、どんなものを持ち出せばいいか難しいという方も多いかもしれません。

以下は一例ですがひとつの参考とし、準備しておきましょう。

【コロナ禍での避難持ち出しグッズ】
・マスク
・体温計
・筆記用具
・記録用ノート
・手指消毒用アルコール
・石鹸/ハンドソープ
・ウェットティッシュ
・常備薬
・ビニール袋大小
・ビニール手袋
などなど…

手洗い用の石鹸は紙石鹸だとかさばらず、また軽いのでおすすめです。体温計や手洗い石鹸、飛沫防止マスク、手指アルコール消毒、共用部用にビニール手袋などは特に見直しておくと良さそうです。

避難所はあくまでも命を守るための場所ですので、危険が迫ったときには命を最優先に身ひとつでも避難しましょう。

スポンサーリンク

台風16号(ミンドゥル)2021の進路予想まとめ

10月2日(土)9時、台風16号(ミンドゥル)は日本の東海上で温帯低気圧へ変わりました。

秋台風は日本直撃コースも増えて来ますので、今のうちからじゅうぶん対策しておくことが大切です。日本の南の海面水温も高く、台風発生・発達の条件も揃っています。

米軍の気象画像では、台風のたまごの発達度合いが一目で分かるようになっていますし、10日先まで予報しているヨーロッパの情報機関やWindyでも先々の予報が見られますので、ぜひ活用してみてください。

台風対策・防災への備えは早めにしておきましょう。

→台風17号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風15号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
天気
ayumiをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG
タイトルとURLをコピーしました