中川大志の出演予定2020映画・ドラマと家政婦のミタなど過去作の動画についても

中川大志の出演予定2020映画・ドラマと家政婦のミタなど過去作の動画についても 芸能人
スポンサーリンク

2019年の「若手イケメン俳優ランキング」で、見事、1位に輝いた中川大志(なかがわ・たいし)さん。

現在、21歳と若いのに、シリアスな役からコミカルな役まで、幅広くこなせる実力派の俳優さんで大人気ですね。

中川大志さんは小学生の頃から子役として活躍されていて、俳優としてのキャリアや実力もピカイチ!

今回は、そんな中川大志さんについて、2020年の映画とドラマの出演予定作品や、過去の出演作品や動画についてもまとめてみました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

中川大志(@taishi_nakagawa_official)がシェアした投稿

スポンサーリンク

中川大志の出演予定2020年の映画について

中川大志さんは、2020年4月公開予定の映画「ステップ」への出演がすでに決まっています。

映画「ステップ」は、2020年4月3日公開予定。

妻に先立たれて、男手ひとつで、娘を育てるシングルファーザーと、母を亡くし、父親と二人三脚で、人生を歩んでいく娘の10年間の軌跡を描いた心温まる作品です。

「ステップ」の原作は、ドラマ「とんび」や、「流星ワゴン」などでおなじみの重松清さん。
主人公の父親を演じるのは、山田孝之さん。

監督を務めるのは、飯塚健さんです。

結婚3年目の30歳という若さで、妻の朋子に先立たれてしまった主人公の健一。

朋子の両親は、健一と、一人娘である美紀を引き取ろうかと、健一に持ち掛けますが、健一は、妻と一緒に暮らし、妻の気配のある自宅で、娘と天国の妻と、新しい生活をスタートさせることを決意するというストーリー。

この映画は、主人公の健一と、美紀親子が様々な壁にぶつかりながらも、亡き妻に、思いを馳せつつ、ゆっくり歩んでいく姿を描いています。

山田孝之さんが自身初のシングルファーザーを演じるということで、話題になっている本作。

脇を固めるのは、國村隼さん、余貴美子さん、広末涼子さんら、人気、実力を兼ね備えた俳優さんたちです。

中川大志さんは、この映画にカメオ出演することが決定しました。

中川大志さんが演じるのは、主人公の健一が、上司に誘われて、ランチに行った時に、必ず店から出てくる謎のサラリーマンという役どころです。

中川大志さんが、つまようじをくわえて、鰻屋から、颯爽と出て行くシーンの写真が、公開されています。

中川大志さんが今回演じるのは、名前のないキャラクターですが、見る人を明るい気持ちにさせてくれる役割を担う、大切な役どころとなっています。

このカメオ出演は、飯塚監督の「虹色デイズ」などに出演してきた、中川大志さん自身の熱烈オファーにより実現したのだとか。

中川大志さんは、「また、飯塚組に出たい。山田孝之さんと同じ現場に立ちたいという思いで、現場に押しかけました。僕が出ているのか、劇場で確かめてください」とコメントしています。

スポンサーリンク

中川大志の出演予定2020年のドラマについて

中川大志さんは、2020年3月14日放送予定の「左手一本のシュート」に出演が決定しています。

中川大志さんは、2020年1月25日、都内で行われたこのドラマの記者発表会見に出席しました。

このドラマは2010年7月に山梨県のある高校で起こった実話を元にドラマ化されています。

BS TBS の開局20周年を記念して作られました。

有望なバスケットボール選手として注目されていた主人公が、脳出血で倒れ右半身麻痺が残りながらも、懸命にリハビリをしてバスケの試合に出場。

左手一本で、シュートを決める姿を描いた感動物語です。

中川大志さんはこのドラマで、主人公で実在の人物「田中正幸」を演じます。

その他のキャストには、駿河太郎さん、石黒賢さん、永作博美さんなど、豪華な俳優さんたちが出演されますよ。

中川さんを主役に起用した理由について、ドラマのプロデューサーは、
「オールスター感謝祭」で、中川さんが5分もまばたきせずにいるのを見て、釘付けになり、調べてみたら、中川さんがバスケ部だったと知り、「この人しかいないと思った」とコメントされています。

このことが、オファーの決め手となったようです。

中川さんが実在の人物を演じるのは初めてのこと。

プレッシャーも大きいようですが、「一番大事な部分がぶれないように、一生懸命、演じるしかない」と意気込んでいらっしゃいます。

本格的にバスケに打ち込んだのは、中学生以来という中川さんは、朝9時から走らされ、「青春しているという感じ」と、コメントされています。

スポンサーリンク

中川大志 過去の出演作と動画について

ここでは、中川大志さんの過去の出演作のうち、話題になったものや、初主演を務めたもの、についてご紹介します。

〈ドラマ 家政婦のミタ〉

中川大志さんは2011年放送のドラマ家政婦のミタで主人公の見たが働く一家の長男役を演じ大きな注目を集めました。

「家政婦のミタ」は、松嶋菜々子さんがミステリアスな主人公の家政婦を演じ話題となった作品。

最高視聴率はなんと驚異の40%でした!

今のドラマで40%を超えるドラマってないですよね。
もちろん私も釘付けになって見ていた一人です!

母親が死んだことで、壊れかけていく阿須田家に、謎の家政婦三田灯が派遣されてくるところから、物語がスタート。

ミタは、頼まれたことは、たとえ殺人でもやってのけるというミステリアスな家政婦。

無表情で、いつもクールなミタに、阿須田家は困惑しながらも徐々に絆を深めていくというストーリー。

このドラマで中川大志さんは思春期の14歳の少年、「阿須田翔」という難しい役でした。

中川大志さん演じる翔は正義感が強く、ストレートな感情表現でありつつも家族思いの長男。

このドラマは、中川大志さんのブレイクのきっかけとなった作品です。
中川大志さんをこのドラマで知ったという方はたくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

「家政婦のミタ」を見たいという方、huluで配信されています。

「紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。」

〈映画 半次郎〉

中川大志さんにとって、映画デビュー作となったのは、2010年公開の映画、「半次郎」です。

この映画は、幕末から維新に活躍した、薩摩剣士中村半次郎こと、桐野利秋の一生を描いた時代劇です。

この映画の主演は、ベテラン俳優の榎木孝明さん。

この作品は、榎木さんが13年の構想を経て、完成させた歴史大作です。

中川大志さんは、この映画で、少年志士、宮田岩虎を演じました。

岩虎は、西南戦争に志願し、出兵するという役どころです。

映画「半次郎」を見たいという方はU-NEXTで配信されています。



————————————————————————
本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

〈ドラマ 監獄学園プリズンスクール〉

中川大志さんが初主演を務めたドラマが、2015年の「監獄学園〜プリズンスクール〜」です。

このドラマは、累計600万円部を超える大ヒットとなった同名コミックが原作。

エロくて、大真面目な新感覚ミステリーです。

このドラマで中川大志さんは、イケメンだけど女の子と付き合ったことのない主人公「藤野清志」を熱演しました。

〈映画 ReLife〉

中川大志さんは、2016年以降、少女漫画が原作の実写映画に多数出演されています。

その中でも主演を務めたのが2017年の映画「ReLife」です。


27歳で休職中の主人公「海崎」が、1年間高校生に戻って生活するというストーリー。

この映画で中川大志さんは主人公の「海崎新太」役で、「高校生」と「27歳の大人」という2つの姿を演じています。

映画「ReLife」フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】
で見ることができます。


「紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はFODプレミアム公式ホームページにてご確認ください。」

スポンサーリンク

まとめ

今回は若手俳優の中川大志さんについて、2020年、出演予定の映画や、ドラマ、そして、過去に出演した作品をご紹介しました。

2020年は、映画「ステップ」とドラマ「左手一本のシュート」への出演がすでに決定している中川大志さん。

小学生の頃から子役として活動し、ドラマ「家政婦のミタ」で大きな注目を集めて一躍有名になりました。

以降、時代劇やミステリーなど様々な映画やドラマに出演。

特に最近は、少女漫画が原作の映画に引っ張りだこ状態となっています。

まだ21歳ながら、人気実力ともに、兼ね備えた中川大志さんの、これからの活躍がとても楽しみですね。

中川大志の家族やデビューのきっかけは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人
スポンサーリンク
もりぞうをフォローする
もりぞうBLOG