NBAドラフト2021日程とライブ動画配信を観る方法!ドラフトの仕組みをわかりやすく解説

スポーツ
スポンサーリンク

2021年のNBAドラフトの日程が発表されました!

開催日時とNBAドラフトを生配信で観る方法をご紹介いたします。

NBAドラフトの仕組みについても若りやすくご紹介しますので、ドラフト前に基礎知識をつけてNBAドラフトをより楽しく視聴しましょう~!

\NBA RAKUTENのご加入はこちら/

スポンサーリンク

NBAドラフト2021年の開催日時

NBAは日本時間の3月30日(現地時間3/29)にNBAドラフトの日程を発表しました。

日程は以下の通りです!

※日本時間
2021年6月22日(火)~6月28日(月):ドラフトコンバイン
2021年6月23日(水)午前9時半~:ドラフトロッタリー
2021年7月30日(金)午前9時~:NBAドラフト

ドラフト指名選手たちの身体測定や5vs5ゲームが行われるドラフトコンバインや、指名順位を決める抽選のドラフトロッタリー、そしてドラフトの会場や詳細は決定され次第発表されるそうです。

※アーリーエントリーの期限:5月31日(月)午後12時59分まで
※辞退の期限:7月20日(火)午前6時まで

スポンサーリンク

NBAドラフト2021年をライブ動画配信で観る方法

NBA(アメリカプロバスケットボール協会)の放映、配信は、NBAと楽天がパートナーシップ契約を結ぶことにより「NBA RAKUTEN」という動画配信サービスによって2019年から独占配信されるようになっています。

昨年2020年はNBA RAKUTENでの独占生配信でしたので、今年2021年も配信されると予想です!

しかし問い合わせてみると現在のところ「配信されます」と発表されている状態ではないとのこと…。ドラフトは年間の中でも特に注目されていますから、きっと配信されるのではと思いますが、詳細分かり次第更新いたします。

▶NBA RAKUTENのお問い合わせ窓口

NBA RAKUTEN

昨年2020年の情報を参考に、NBAドラフトを生配信でみるにはどのプランがよいのでしょうか?

ここからNBA RAKUTENの視聴プランを紹介します。

視聴プランはこの4つ

  • BASIC PASS ※5月22日で年額プランが終了
  • TEAM PASS ※5月22日で月額・年額プランが終了
  • LEAGUE PASS
  • SINGLE GAME

\NBA RAKUTENへの加入はこちらから/

 

NBA RAKUTEN サービス内容の変更(※重要)

以下のサービスの新規販売と自動更新が2021年5月22日(土)をもって終了になります。

・BASIC PASS/ベーシックパス(年額プラン)
・TEAM PASS/チームパス(月額・年額プラン)
・アプリ内課金機能の提供

既に契約中の方は5/22以降の自動更新がなくなり、契約終了日までの視聴は可能。

アプリについては新バージョンのアプリが5月20日ごろにリリース予定だそうです。

▶詳細はこちらのNBA RAKUTENの公式サイトのお知らせにてご確認ください。

NBA RAKUTENプランと料金

NBA RAKUTENが提供しているそれぞれのプランの料金基本情報を案内します。

【BASIC PASS】

【BASIC PASS】NBAドラフト2020年は視聴可能でした!
(2021年5月22日で年額プラン終了)

  • 日本人選手・スター選手の試合をセレクトして配信
  • 平日1試合以上、休日2試合以上
  • 番組/ハイライト/セレクション/*NBA TV

価格 (税込)

月額     990 円(クレジットカード、Google Play 決済)
月額  1,000 円(App Store 決済)

【TEAM PASS】

【TEAM PASS】 2020はNBAドラフト視聴不可でした
(2021年5月22日で月額・年額プラン終了)

  • 選択した1チームの全試合が見放題
  • 全試合(対象チームのみ)視聴可能
  • 番組 / ハイライト / セレクション
  • プレーオフ、ファイナルなども対象
  • オールスターの視聴できない

価格 (税込)

月額  1,430 円(クレジットカード、Google Play 決済)
月額  1,450 円(App Store 決済)

【LEAGUE PASS】

【LEAGUE PASS】2020はNBAドラフト視聴可能でした!

  • 全ての動画が見放題
  • NBAの全30チームの全試合
  • 歴史に名を刻んだレジェンド達の名シーンを振り返るクラシックやスター選手の貴重なドキュメンタリー
  • 24時間放送のNBA TV等、全ての動画が見放題
  • 番組/ハイライト/セレクション/*NBA TV/ドキュメンタリ/クラシック/プレーオフ/ファイナル/オールスター

価格 (税込)

月額  2,640 円(クレジットカード、 Google Play 決済)
月額  2,700 円(App Store 決済)

【SINGLE GAME】

【SINGLE GAME】2020はNBAドラフト視聴不可でした

有料の動画を1本ずつ個別に購入して視聴可(動画の視聴期間は購入から7日間)

価格 (税込)

550 円(WEB / Google Play 決済)
600 円(App Store 決済)
※SINGLE GAMEの購入方法については、下記をご参照ください。

\NBA RAKUTENへの加入はこちらから/

スポンサーリンク

NBAドラフトの仕組み

NBAドラフトはいくつかの条件を満たした選手が対象になっておこなわれます。

次のシーズンに向けてNBA30チーム各チーム2名の指名を行い、合計60名の選手が指名されます。

ドラフト指名をうけるための条件は…

アメリカ国籍保持の場合は19歳以上、高校卒業後1年経っていることが前提で

  • 大学4年次の資格をもつ、または
  • アメリカ高校卒業後4年経過、または
  • NBA以外のプロチーム所属歴

アメリカ国籍ではない場合は22歳以上、NBA以外のプロチーム所属歴が必要です。

上記の条件に満たない場合でも「アーリーエントリー」という選手本人の希望でドラフト前にドラフトに参加する資格を得ることも可能になっています。

ただ、この方法は大学などに所属している場合は大学資格を失うリスクがあります。選手がチームに評価を聞くことは可能ですが、保証はないので難しいところです。

チームのドラフト指名権はプレーオフに出場できなかったチームから抽選で獲得していくので、下位チームがその年の人気選手を獲得できる仕組みになっています。

チームの戦力が偏らないように工夫されていて毎年、面白いゲームが期待できるわけですね!

 

スポンサーリンク

NBAドラフトまとめ

NBAドラフトは現在のところ配信先が決まっていませんが、昨年を例にするとおそらく今年2021年も「NBA RAKUTEN」による独占生配信になるかと思います!詳細決まりましたら更新いたします。

日本時間7月30日(金)午前9時~開催予定!

NBA30チームが選ぶ合計60名の選手が新シーズンを盛り上げてくれることでしょう!

\NBA RAKUTENのご加入はこちら/

こちらの記事も読まれています!

【NBA】豆知識:成り立ち・独自ルールやチーム構成!順位表や最新情報リンクの紹介

NBAチーム名の由来は?ロゴ一覧と地図でみる本拠地紹介!

左手一本のシュートドラマ化のキャスト相関図やモデルは誰かについても

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポーツ
もりぞうをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG