台風12号2021の最新予想!米軍ヨーロッパ気象庁の進路&日本接近はいつ?東京パラリンピックへの影響も

台風12号2021たまごの最新進路予想・米軍ヨーロッパ気象庁Windy天気
スポンサーリンク

気象庁は8月20日(金)21時、フィリピンの東で発達中だった熱帯低気圧から台風12号(オーマイス)の発生を発表しました。

8月に入っていよいよ台風シーズン!

日本の周辺ではボコボコと熱帯低気圧が発生しており、日本の南側の海面温度も高く、台風発達の条件が揃っています。

東京オリンピックも終わりを迎えて8月24日からは東京パラリンピックと続く中で、競技への影響も心配ですね。

こちらの記事では台風12号(オーマイス)のたまご~台風の発生、現在地や最新情報、各情報機関での進路予想図についてまとめていきます。

米軍ヨーロッパ気象庁などの進路予想図を紹介しながら、気になる日本への接近・上陸はいつなのかも追っていきますので、参考にして早めに備えてくださいね。

台風消滅まで最新情報を更新していきます。

台風12号(オーマイス)は8月24日(火)9時、温帯低気圧へ変わりました。

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風14号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風9号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風10号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風11号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク
  1. 台風12号(オーマイス)2021の最新情報の進路予想図は?
    1. 台風12号(オーマイス)2021の8月24日9時現在の状況
    2. 台風12号(オーマイス)2021の8月23日9時現在の状況
    3. 台風12号(オーマイス)2021の8月22日15時現在の状況
    4. 台風12号(オーマイス)2021の8月22日4時現在の状況
    5. 台風12号(オーマイス)2021の8月21日9時現在の状況
    6. 台風12号(オーマイス)2021の8月20日21時現在の状況
    7. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月20日15時現在の状況
    8. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月20日3時現在の状況
    9. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月19日5時現在の状況
    10. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月18日3時現在の状況
    11. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月17日3時現在の状況
    12. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月16日6時現在の状況
    13. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月15日9時現在の状況
    14. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月14日現在の状況
    15. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月13日現在の状況
    16. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月12日現在の状況
    17. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月11日現在の状況
    18. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月10日現在の状況
    19. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月9日現在の状況
    20. 台風12号(オーマイス)2021たまごの8月8日現在の状況
  2. 米軍合同台風警戒センターJTWCの台風12号(オーマイス)2021の進路図
  3. ヨーロッパ中期予報センターECMWFの台風12号(オーマイス)2021の進路図
  4. Windyの台風12号(オーマイス)2021の進路予想
  5. 気象庁の台風12号(オーマイス)2021の進路予想
  6. 日本気象協会の台風12号(オーマイス)2021の進路予想
  7. ウェザーニュースの台風12号(オーマイス)2021の予報
  8. 台風12号(オーマイス)2021:海面水温は?
  9. 台風12号(オーマイス)2021の進路予想まとめ

台風12号(オーマイス)2021の最新情報の進路予想図は?

ここからは台風12号(オーマイス)の最新情報を随時更新していきます!

台風12号(オーマイス)2021の8月24日9時現在の状況

8月24日(火)9時現在の情報です。

台風12号(オーマイス)は温帯低気圧へ変わりました。

前線と温帯低気圧低気圧が一体化し、北東に向かって進んでいます。今日24日(火)の夕方ごろからは、北日本や北陸などで雨が強まってくると見られますので注意してください。

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

\楽天で今大人気です!/

台風12号(オーマイス)2021の8月23日9時現在の状況

8月23日(月)9時現在の情報です。

台風12号(オーマイス)は、東シナ海の海上を時速25㎞の速さで北に向かって進んでいます。

今後も北上を続けて、今夜夜遅くに朝鮮半島へ上陸し、明日24日(火)朝には日本海で温帯低気圧へ変わる見込みです。

台風12号(オーマイス)の北上にともなって、上空では湿った空気が流れ込みやすくなっています。特に西日本では局地的に強い雨がふるおそれがありますので、台風が離れても注意してください。

台風12号(オーマイス)2021の8月22日15時現在の状況

8月22日(日)15時現在の情報です。

台風12号(オーマイス)は宮古島の北海上付近を、時速30㎞の速さで北北西に向かって進んでいます。台風の中心は、今日22日(日)昼過ぎに宮古島付近を通過。

宮古島方面では夕方にかけて、また石垣島などの八重山方面では夜にかけて、断続的に激しい雨が降るおそれがあります。強風・高波も続く見込みで、土砂災害や道路の冠水、強風による飛来物などにもじゅうぶん警戒をしてください。

今後は明日23日(月)に東シナ海で熱帯低気圧へと変わって、朝鮮半島方面へ進む予想です。

引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021の8月22日4時現在の状況

8月22日(日)4時現在の情報です。

台風12号(オーマイス)は、宮古島の南東海上を時速15㎞で北北西に向かって進んでいます。

やや勢力を強めながら、今日22日(日)昼ごろに先島諸島へ最接近の見込みです。 宮古島には暴風波浪警報が発令中ですので、このあと強まる風や雨にじゅうぶん警戒してください。

台風12号(オーマイス)2021の8月21日9時現在の状況

8月21日(土)9時現在の情報です。

昨日発生した台風12号(オーマイス)は、沖縄の南海上を時速30㎞の速さで北北西に向かって進んでおり、明日22日(日)には先島諸島に最も近づくとみられています。

今回の台風12号(オーマイス)の特徴は、中心の近い所に活発な雨雲が密集していることです。局地的な急な大雨や風にじゅうぶん警戒してください。

その後は勢力を落としながら東シナ海を北上し、週明け23日(月)には熱帯低気圧に変わる見込みで、進路を東よりに変えて、対馬海峡方面へ進む可能性があるようです。

この熱帯低気圧が運んでくる湿った空気の影響で、西日本へまた局地的な大雨を降らすことも考えられます。これまで続いている大雨ですでに地盤がゆるんでいるところは、特に警戒しましょう。

台風12号(オーマイス)2021の8月20日21時現在の状況

8月20日(金)21時現在の情報です。

フィリピンの東で24時間以内に台風へ発達すると予想されていた熱帯低気圧が、台風12号(オーマイス)になりました。

今後はあさって22日(日)に沖縄へ接近し、その後は東シナ海へ進むと予想です。

西日本への影響も含め、引き続き最新情報をチェックするようにしてください。

→台風9号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風10号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風11号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月20日15時現在の状況

8月20日(金)15時現在の情報です。

気象庁は、フィリピンの東で発達中の熱帯低気圧について、24時間以内に台風へと発達する見込みと発表しました。台風発生となれば台風12号(オーマイス)の発生です。

進路予想を見ていると、22日(日)ごろに沖縄へ接近する可能性が高そうです。

その後は東シナ海へと進み、ふたたび熱帯低気圧へ変わるとの見込みですが、西日本への影響も考えられますので引き続き最新情報をチェックするようにしてください。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月20日3時現在の状況

8月20日(金)午前3時現在の情報です。

以下は日本時間で8月20日(金)午前3時現在の、米軍が発表している気象画像です。

【8月20日(金)午前3時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

これまで追い続けています16Wの熱帯低気圧ですが、しばらく西へ西へと進み続け、一旦勢力を落としたものの、また赤い矢印表記になっています。米軍の解析では台風または台風にちかい熱帯低気圧で、台風12号(オーマイス)のたまごです。

進路予想を見ていくと、南西諸島~九州、西日本へと影響が出そうなルートです。

台風12号2021たまご米軍進路予想

気象庁では現時点では、台風12号(オーマイス)のたまごである熱帯低気圧の発表はされていませんが、日本への接近が確実となれば発表されるかと思われます。最新情報をチェックしつつ、警戒するようにしてください。

引き続き調査していきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月19日5時現在の状況

8月19日(木)あさ5時現在の情報です。

日本時間で8月19日(木)あさ5時現在の、米軍合同台風警戒センターが発表している気象画像です。

【8月19日(木)あさ5時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

昨日オレンジ〇に勢力を落とした16Wは、ふたたび赤〇になりました。ただ昨日に引き続き”RMNTS”の表記があり、台風や熱帯低気圧の残りくずの意味合いですので、今後大きく発達する可能性は低そうです。

Windyで明日20日(金)の気象予報画像を見てみると気になる渦が見えています。

【8月20日(金)正午予報】

台風12号2021たまごWindy最新情報

ですが現在のところ、気象庁などから台風12号(オーマイス)に発達しそうなたまごの熱帯低気圧情報は発表されていません。

引き続き調査していきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月18日3時現在の状況

8月18日(水)午前3時現在の情報です。

以下はJTWC(米軍合同台風警戒センター)が解析する気象画像です。世界標準時間に時差の9時間を足して日本時間で8月18日(水)午前3時の情報です。

【8月18日(水)午前3時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

昨日まで赤い矢印で表示されていた16Wが、オレンジ〇にまで勢力が落ちました。「RMNTS」は「REMNANTS」の略で、台風や熱帯低気圧の残りくずのような意味合いです。

現在のところそれ以外の台風12号(オーマイス)のたまごの情報はありません。引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月17日3時現在の状況

8月17日(火)午前3時現在の情報です。

以下は米軍が発表している気象画像で、日本時間で8月17日(火)午前3時に発表されているものです。画像中央下の世界標準時間に時差の9時間を足して、日本時間で見ていきます。

【8月17日(火)午前3時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

数日前から解析されている赤い矢印「TD16W」は台風12号(オーマイス)のたまごです。

米軍では赤い矢印だと、台風・熱帯低気圧の扱いになりますが、TDは「Tropical Depression」の略で、その勢力によって表記が変わります。

日本ではまだ台風発生の発表はされていません。

続いて米軍が発表する進路予想を見ていきます。

台風12号2021たまご米軍進路予想

現在の予想では北西へ進み、石垣島あたりに直撃しそうな進路予想です。

引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月16日6時現在の状況

8月16日(月)あさ6時現在の情報です。

トラック諸島近くの海上で、台風12号(オーマイス)のたまごとなる熱帯低気圧が発達中です。

この熱帯低気圧について気象庁は、24時間以内に台風へ発達する見込みと解析しています。

今週末20日(金)ごろには暴風域をともなうと見られており、日本への影響に注意が必要です。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月15日9時現在の状況

8月15日(日)あさ9時現在の情報です。

気象庁は、マーシャル諸島付近の熱帯低気圧が24時間以内に台風へ発達する見込みと発表しました。台風12号(オーマイス)のたまごの発生です。

現在は時速35㎞のスピードで西に向かって進んでおり、18日(水)には暴風域をともない、さらに5日後の20日(金)には「強い勢力」へ発達する予想です。

引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月14日現在の状況

8月14日(土)現在の情報です。

以下は日本時間で8月14日(土)午前3時の米軍が解析している気象画像です。

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印のTS16Wが見えていますが、台風です。ただこちらは日本では現在のところ解析されておらず、台風12号(オーマイス)とは名付けられていません。

徐々に発達しながら西へ進むようで、いますぐに日本への影響はなさそうですが、引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月13日現在の状況

8月13日(金)現在の情報です。

以下はJTWC(米軍合同台風警戒センター)の日本時間8月13日午前3時の気象画像です。

【8月13日(金)午前3時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

昨日も解析されていた赤い矢印TD16Wの熱帯低気圧が、少し西へ進んで解析されています。

進路予想も発表されていますが、しばらく西に向かって進む予想です。

台風12号2021たまご米軍進路予想

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

日本への影響についても情報を追っていきます。

スポンサーリンク

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月12日現在の状況

8月12日(木)現在の情報です。

以下は米軍合同台風警戒センター(JTWC)が解析する、日本時間で8月12日午前3時の気象画像です。

【8月12日午前3時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

後述しています、昨日の位置とほぼ同じ場所にTD16Wの赤い矢印が見えていますが、昨日とは別の熱帯低気圧です。

日本の情報機関を見てみると、台風12号(オーマイス)の発生や、たまごとなる熱帯低気圧情報はありません。

以下は気象庁の8月12日(木)あさ7時時点の台風情報です。

【8月12日(木)あさ7時】

台風12号2021たまご気象庁最新情報

引用元:気象庁

Windyで先の情報を見てみると、8月15日(日)に日本の東に気になる渦が見えました。

【8月15日(日)予報】

台風12号2021たまごWindy最新情報

現在のところは、今すぐ心配が必要な台風12号(オーマイス)のたまご情報はないようですが、引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月11日現在の状況

8月11日(水)現在の情報です。

以下は米軍が発表している台風情報で、日本時間で8月11日(水)午前0時30分の気象画像です。

【8月11日(水)午前0時30分】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印が2つ見えていますが、日本列島付近のものは台風9号(ルピート)です。日本の情報では温帯低気圧となってからさらに発達し、東北地方へ大きな被害をもたらせています。

もうひとつTD15Wの赤い矢印は、昨日赤いまる〇だった熱帯低気圧が発達したものです。

日本の気象庁の情報を見てみると、8月10日(火)あさ9時に温帯低気圧に変わった台風10号(ミリネ)のみで、そのほかの熱帯低気圧情報はありません。

台風12号2021たまご気象庁最新情報

出典:気象庁

今後すぐに日本へ影響があるような、新しい熱帯低気圧情報はなさそうですが、発達しやすい条件は整っていますので、台風シーズンは注意が必要です。引き続き調査していきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月10日現在の状況

8月10日(火)現在の情報です。

以下は米軍が解析している台風情報で、日本時間8月10日(火)午前10:30の気象画像です。

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印は台風9号(ルピート)と台風10号(ミリネ)で、この2つは日本の気象情報ではすでに温帯低気圧に変わったと解析されています。そのほかに気になる赤い〇が見えていますが、台風12号(オーマイス)のたまごである熱帯低気圧です。

米軍の情報では24時間以内に台風へ発達する可能性が高いとされているもので、今後日本へ影響が出るかなど引き続き情報を追っていきます。

米軍合同台風警戒センター(JTWC)については詳しく後述していますので、ぜひ参考にしてみてください。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月9日現在の状況

8月9日(月)現在の情報です。

以下は米軍が発表している、日本時間で8月9日(月)午前3時の気象画像です。

【8月9日(月)午前3時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印が2つ見えていますが、現在日本の近くで発生している台風9号(ルピート)と台風10号(ミリネ)です。日本の情報機関では、9日(月)あさ9時に台風9号(ルピート)は温帯低気圧へ変わっています。

現在のところはそのほかに、熱帯低気圧や低圧部などは解析されていないようです。

ですが、Windyで数日先まで追ってみると15日(日)ごろに日本海で気になる渦が見えます。

【8月15日(日)】

台風12号2021たまごWindy最新情報

日が経つほど精度が落ちますが、8月は1年の中で最も台風の発生が多いと言われますので、注意しておくと良さそうです。

影響が出るか心配でした「東京オリンピック2020」は8月8日(日)に無事閉幕。そして「東京パラリンピック2020」は8月24日から開幕となります。

引き続き情報を追っていきます。

台風12号(オーマイス)2021たまごの8月8日現在の状況

8月8日(日)現在の情報です。

以下はWindyで見る予報画像です。

【8月8日(日)1時現在】

台風12号2021たまごWindy最新情報

Windyについては後述もしており、台風12号(オーマイス)のたまごが解析されています。ただ米軍の情報によると、発達するには24時間以上はかかるようです。

数日進めて以下は8月9日(月)の予報画像です。台風9号(ルピート)が日本列島に直撃しそうな予報です。

【8月9日(月)】

台風12号2021たまご

さらに進めて1週間後の8月16日(月)の予報を見てみると、日本海で新しく台風のような渦が見えました。

【8月16日(月)】

台風12号2021たまごWindy

しばらく先の予報ですので、まだ分かりませんが、引き続き情報を追っていきます。

スポンサーリンク

米軍合同台風警戒センターJTWCの台風12号(オーマイス)2021の進路図

米軍合同台風警戒センター(JTWC)が発表する台風情報を見ていきます。JTWCはアメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関です。

もとはアメリカ政府・アメリカ軍が利用するのためのツールですが、一般へも公開されており、誰でも簡単にワンクリックでアクセスが可能です。

下記は日本時間で8月15日(日)15時現在の米軍画像です。

【8月15日(日)15時】

台風12号2021たまご米軍最新情報

 

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

赤い矢印のTD16Wが台風12号(オーマイス)のたまごとなる熱帯低気圧です。米軍ではすでに数日前から台風と解析されており、日本の情報では24時間以内に台風へ発達と解析されています。

色のついた〇や赤い矢印によって現在の低圧部~熱帯低気圧の発達状況や、今後の発達予想を表しています。このシーズンは特に、こまめにチェックするといいかもしれません。

以下ご参考ください。

LOW(黄色の丸):24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性は低い
MEDIUM(オレンジの丸):台風・熱帯低気圧になる可能性があるが、24時間以上かかる
HIGH(赤い丸):24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性が高い
SUB TROPICAL(水色の丸):熱帯低気圧と台風の中間
赤矢印:熱帯低気圧・台風

通常は6時間おきに情報が発表されます。

上記の画像中央下に「15/0600Z」とありますが「15日/06:00」の意味で、世界標準時刻で表示されています。日本との時差である9時間を足したものが日本時間となりますので、「15/0600Z」の場合は「15日の15:00」となります。

進路予想図の日付と時間も同じ見方となります。

以下は米軍が発表する台風12号(オーマイス)のたまごの進路予想図です。

台風12号2021たまご米軍進路予想

17日(火)ごろから進路を西から北西へ変え、日本の南西諸島に影響が出そうな進路予想です。

その他の情報機関の進路予想図もあわせて見ていきましょう。

→台風9号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風10号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風11号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センターECMWFの台風12号(オーマイス)2021の進路図

次にヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図です。ECMWFはスーパーコンピュータによる予報で、ヨーロッパだけでなく世界の各地域、アジアの予報も行っているのでぜひあわせてチェックしてみてください。

ECMWFは「世界一の数値予報精度」と言われているんですよ!

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は10日予報なので、時間が経つにつれて精度が落ちていきますが、10日先まで終えるのは助かりますよね。

以下は8月17日(火)21時の予報画像です。

【8月17日(火)21時】

台風12号2021たまごヨーロッパ最新情報

引用元:(ECMWF

17日(火)の時点で、現在日本でも解析されている台風12号(オーマイス)のたまごは見えていないですが、別で日本海で気になる低気圧が見えています。

ここから画像右下の「▶」を押すと動画として10日先まで気圧の動きを見ることができます。

1日ずつ進めていくと、日本海にあった低気圧が発達しながら北上していく予報です。

台風12号2021たまごヨーロッパ最新情報

台風12号2021たまごヨーロッパ最新情報

引き続き情報を追っていきます。

ECMWFのサイトへ飛んで、予想図右下の「▶」をクリックすると、10日分の予想画像を動画として見ることができます。ECMWFの日付けと時間も世界標準時刻で表示されているので、9時間を足して日本時間で確認してください。

最新の情報はこちらから▼
ヨーロッパ中期予報センター

→台風9号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風10号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風11号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

Windyの台風12号(オーマイス)2021の進路予想

続いてWindyでの進路予想図です。Windyは前述の「ヨーロッパ中期予報センター/ECMWF」をモデルにしたツールで、パイロットや政府機関などこちらも幅広く利用されています。

以下の画像のように気圧とあわせて風向きも映像で見られるので、天気予報を視覚的に確認できておすすめです。見てるだけでもおもしろいですね。

▶️を押すと時間が進行して予報がみられます。また画像上をスクロールしながら好きな位置を確認することもできますよ。

8月18日(水)まで進めてみると、やはり日本海に気になる渦が見えますね。

台風12号2021たまごWindy最新情報

気象庁で現在解析されている、トラック諸島で発達中の熱帯低気圧が台風12号(オーマイス)になる見込みなので、こちらの日本海で発生しそうな渦は台風13号のたまごになるかもしれません。

Windyは動きが目で見てよく分かりますので、ECMWFの進路予想と合わせて確認すると良さそうです。

画像の右上「風」をタップし、さらに風速をタップすると、台風の現在地・風の流れも確認できますのでご参考ください。

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風9号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風10号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風11号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

気象庁の台風12号(オーマイス)2021の進路予想

こちらは気象庁の予想図です。このあたりは日本でよく見る進路予想図なので、見やすいかもしれませんね。

日本の情報機関は、やはり日本語で台風の現在の位置や勢力などを知ることができるので、詳細は日本の情報で見て備えると良さそうです。

【8月16日(月)9時現在】

台風12号2021たまご気象庁最新情報

出典:気象庁

気象庁の情報では、現在のところ、トラック諸島付近の海上で発達している熱帯低気圧が解析されています。

24時間以内に台風12号(オーマイス)に発達すると見込まれていますが、8月16日(月)9時の時点で進路予想が先まで出ておらず、台風まで発達せずに衰退する可能性もあるかもしれません。

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

日本気象協会の台風12号(オーマイス)2021の進路予想

そして日本気象協会の進路予想です。

【8月16日(月)9時】

台風12号2021たまご日本気象協会最新情報

引用元:日本気象協会

日本気象協会の情報では、現在のところ台風12号(オーマイス)のたまごの情報はありません。

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

ウェザーニュースの台風12号(オーマイス)2021の予報

最後にウェザーニュースでの進路予想図と今後の予報です。

ツイッターでもお馴染みの方も多いかもしれませんね。お天気に関する様々な情報を提供をされています。

以下は8月16日(月)あさ6時現在の情報です。

【8月16日(月)あさ6時】

台風12号2021たまごウェザーニュース最新情報

引用元:ウェザーニュース

ウェザーニュースでは、トラック諸島付近で発達中の熱帯低気圧について発表しています。24時間以内に台風へ発達する見込みということで、台風になれば台風12号(オーマイス)の発生です。

ただその後の気象庁の情報では、台風発生にまでならなさそうな解析でしたので、この先衰退するかもしれません。

ウェザーニュースでは平年の台風の月別の発生数も届けており、8月の平均発生数は5.7個ということで、1年の中で1番台風の発生が多いと注意を呼び掛けています。

台風10号2021最新情報・平年の台風発生数

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

台風12号(オーマイス)2021:海面水温は?

台風や熱帯低気圧の発達条件には、海面水温が非常に大きく関わっています。

以下は気象庁が発表している、海面水温の実況図です。

【8月7日(土)】

台風2021気象庁海面水温

引用元:気象庁

日本列島の南の海面水温が真っ赤になっており、25度~30度以上あるのがよく分かります。台風は海面水温が26.5度以上で発生すると言われており、水温が高いと発生した弱い渦を発達させるのにも好都合です。

気象庁の公式ページで海面水温の実況図を都度確認できますので、ご参考ください。

→気象庁「海面水温実況図」

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク

台風12号(オーマイス)2021の進路予想まとめ

気象庁は8月20日(金)21時、フィリピンの東で台風12号(オーマイス)の発生を発表しました。

台風12号(オーマイス)は8月24日(火)9時、温帯低気圧へ変わりました。

8月に入り、台風シーズンが本格化してきました。日本周辺では熱帯低気圧がたくさん発生しては消えるの繰り返しで、台風へ発達する条件も重なっています。

米軍の気象画像では、台風のたまごの発達度合いが一目で分かるようになっていますし、10日先まで予報しているヨーロッパの情報機関やWindyでも先々の予報が見られますので、ぜひ活用してみてください。

台風対策・防災への備えは早めにしておきましょう。

東京パラリンピックへの影響も含め、引き続き情報を追っていきます。

→台風13号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風14号2021たまごの最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風9号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風10号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

→台風11号2021の最新進路と米軍ヨーロッパ・気象庁の予想!日本接近はいつ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
天気
ayumiをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG