スポンサーリンク

台風12号2020進路予想!米軍・ヨーロッパ・気象庁の予報図と日本接近はいつ?

台風12号2020たまご進路予想!米軍・ヨーロッパ・気象庁の予報図と日本接近はいつ? 天気
スポンサーリンク

 台風12号(ドルフィン)2020の気になるたまご発生から台風消滅まで!!

9月21日、台風12号(ドルフィン)が発生しました

米軍合同台風警戒センター(JTWC)・ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)・気象庁・Windyなど各情報機関の進路予想と予報図を確認していきます。

2020年は台風の発生ペースがかなり遅いと言われています。

9月1日には台風10号、9月16日に台風11号が発生。

そして台風12号2020(ドルフィン)はいつ発生するのか?

海面温度が高い状態が続くと、台風が発生、大型に発達しやすい状態です。

この記事では台風12号(ドルフィン)2020たまごの発生から台風が消滅するまで。

今後の日本上陸の可能性、九州や関西・東海・関東への影響についてもまとめています。

 

スポンサーリンク

9月24日更新!台風12号(ドルフィン)2020の最新情報!

関東の東に停滞していた台風12号は9月24日15時に温帯低気圧に変わりました。

スポンサーリンク

9月23日更新!台風12号(ドルフィン)2020の最新情報!

9月23日2:15の米軍画像

9月23日現在の米軍進路図

9月23日ヨーロッパ

9月23日9時現在の気象庁進路図

9月23日現在の米軍・ヨーロッパと気象庁の進路図をみると米軍の方が日本列島に沿って進行しています。気象庁は進路を東に変え東海・関東への直撃はない予想となっています。

スポンサーリンク

米軍合同台風警戒センター(JTWC)の台風12号(ドルフィン)2020の進路図

米軍合同台風警戒センター(JTWC)はアメリカのハワイ州にあるアメリカ国防総省の機関です。

このツールはアメリカ軍のためのものですが、私たちのような一般人でもアクセスすることが出来ます。

台風12号(ドルフィン)は9月24日に関東に接近し、通過する進路予想となっています。

9月22日2:30米軍

 

9月21日、台風12号のたまごである93WがTS14Wに変わりました。台風12号の発生です。進路図をみると日本の東海地方へ向かって近づいています。

9月21日14:30

9月21日2:30

9月21日現在の米軍進路図

9月20日2:30では黄色丸だった93Wはオレンジ丸に発達!24時間以上かかりますが熱帯低気圧になる可能性があります。

▼9月20日14:30米軍▼

9月20日(日)2:30現在の米軍画像によると太平洋側に台風12号のたまごである93Wが確認できます。黄色丸なので24時間以内の発達まだありませんが、今後も観察が必要です。

▼9月20日2:30米軍▼

引用元:米軍合同台風警戒センター(JTWC)

LOW(黄色の丸):24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性は低い
MEDIUM(オレンジの丸):台風・熱帯低気圧になる可能性があるが、24時間以上かかる
HIGH(赤い丸):24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性が高い
SUB TROPICAL(水色の丸):熱帯低気圧と台風の中間
赤矢印:熱帯低気圧・台風

通常は6時間おきに情報が発表されます。

時間の見方は時差があるので9時間プラスして考えます。
例:画像にある 「IMAGE TIME:29/0600Z」
/の前の29は日付
/のあとが時間なので 0600に9時間プラスします。
1500なので日本時間で29日の15:00となります。

スポンサーリンク

ヨーロッパ中期予報センターECMWFの台風12号(ドルフィン)2020の進路図

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は「スーパーコンピュータによる予報になっています。

ECMWFは「世界一の数値予報精度」と言われているんですよ!

これからお見せする画像はヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の予報画像です。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は10日予報になるので、時間が経つにつれ精度が落ちてきます。

▼最新の画像はこちらからご覧いただけます▼
ヨーロッパ中期予報センタ(ECMWF)

米軍画像で確認できた93Wの低気圧が太平洋で確認できます。日本へ日を追うごとに日本へ近づいてきますが、等圧線が弱いため台風へ発達することはない予報となっています。

ただ日本近海の海水温が高いため台風へ発達することも考えられるので今後も確認する方がいいです。

9月20日のヨーロッパ予報画像

9月17日、台風12号のたまごとなる熱帯低気圧は確認できていません。

9月17日の画像
引用元:(ECMWF

下記は9月17日時点での9月25日の予報画像です。画像右側の日本列島と太平洋側に熱帯低気圧活動(発生を含む)が見られます。熱帯性暴風雨の確率は5〜20%の色で表示されています。

出典:ecmwf

進路予想は毎日変わっていくので最新の情報を確認するようにしましょう!

▼最新情報の確認はこちら▼
ヨーロッパ中期予報センターECMWF

スポンサーリンク

Windyの台風12号(ドルフィン)2020の進路予想

Windyはヨーロッパ中期予報センターECMWFをモデルにしているツールとなっています。

パイロットや政府機関でも利用されているツールで天気予報を視覚的に見ることができます。

▶️を押すと時間が進行して予報がみられます。

風の流れや動きが目でみてわかります。

画像の右上「風」をタップし、さらに風速をタップすると、台風の現在地や風の流れがわかりますよ!

スポンサーリンク

気象庁の台風12号(ドルフィン)2020の進路予想

台風12号は日本の南に位置しています。9月24日(木)にかけて関東や東海など東日本に接近する見込みとなっています。

たまごから台風12号に発達しました!9月23日には九州に最も接近します。

出典:気象庁

9月21日現在の気象庁の台風情報と進路図です。

現在台風は確認できていませんが上記の画像は熱帯低気圧です。日本の南にあり今後、北(日本)へゆっくりと進行し9月24日には温帯低気圧へ変わる予報となっています。

気象庁の天気図を確認すると、太平洋で熱帯低気圧が停滞しています。9月22日の予想でもほとんど停滞したままで少し進路を進めただけの状態です。

▼9月21日9時現在の予報▼

▼9月21現在の予報▼

 

上記画像は9月16日の日本近海の海水温です。東シナ海や太平洋側では30°C以上と高い海水温となっています。30°C以上になると台風が発生しやすくなります。

これまで気象庁は台風発生以降でないと、5日後までの予想進路を明らかにしていませんでした。

しかし2020年9月9日からは熱帯低気圧の段階で発表するようになります。

スポンサーリンク

台風12号(ドルフィン)2020日本接近・上陸はいつ?

台風12号は日本に接近するまでしばらく北上を続けた後、9月24日(木)にかけてはやや北東に進路を変え、関東や東海に接近する予想です。

その後は9月25日には温帯低気圧に変わって、東北地方、三陸沖に進む見込みです。温帯低気圧に変わっても引き続き大雨に警戒が必要となりそうです。

9月21日に台風12号(ドルフィン)が発生しました。

9月23日の9時には九州に接近しています。秋雨前線の影響を受けて大きな被害をもたらすことも考えられます。

9月20日現在、台風12号(ドルフィン)のたまごが太平洋で発生しました。

ヨーロッパの予報図をみると等圧線が弱く台風12号(ドルフィン)に発達する可能性は今のところ引くそうです。

気象庁予想では台風には発達せず、日本に上陸する頃には温帯低気圧に変わる予想です。

しかし海水温が30°C以上と台風が発生しやすい条件は揃っているので今後も注意深く観察していく必要があります。

これからも更新を続けていきます!

 

スポンサーリンク

台風12号(ドルフィン)2020まとめ

台風12号のたまごは9月20日現在、発生しました。

今後も情報を更新していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
天気
もりぞうをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG