スポンサーリンク

10万円給付金オンライン申請方法/やり方/仕方は?準備・必要なものまとめ

10万円給付オンライン申請方法/やり方/仕方は?準備・必要なものまとめ 暮らし
スポンサーリンク

早い自治体では一人一律10万円の給付金「特別定額給付金」の申請が始まりました。

申請方法はオンライン申請と郵送による申請がありますが、この記事ではオンライン申請についてまとめています。

・「特別定額給付金」オンライン申請方法のやり方/仕方
・「特別定額給付金」オンライン申請のために準備するもの、必要なもの

についてまとめていますので是非、最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

10万円給付金(特別定額給付金)オンライン申請方法のやり方/仕方

ここではオンライン申請の流れを説明します。

まずオンライン申請には世帯主のマイナンバーカードが必要となります。

「マイナンバー通知カード」ではありませんよ!

このマイナンバーカードがなければそもそもオンライン申請ができませんのでご注意ください。

マイナポータル」にアクセスし、必要事項(住所や対象者、振込先口座等)を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請をします。

これだけだと簡単なような気がしますが、「マイナポータル」に入力する際に、マイナンバーカードを作成した時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)」が必要になります。

「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)」の入力を5回以上間違えるとロックされてしまいます。

ロックされた場合は市区町村の窓口にで初期化し再設定しなければならない。

実はこの暗証番号を忘れてしまったという方が多く、いろんな自治体で混雑が起こりました。

スポンサーリンク

10万円給付金オンライン(特別定額給付金)申請『パソコン(PC)』で準備・必要なもの

上記で簡単に申請方法の流れを説明しましたが、ここではその申請に準備するもの、必要になるものをまとめていきます。

パソコン(PC)申請
・対応WebブラウザをインストールしたPC(パソコン)
マイナンバーカード(世帯主)
・マイナンバーカード作成時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)
・振込先銀行口座の確認書類
(通帳やキャッシュカード、ネットバンキング画面のスクリーンショット)
・『PC用ICカードリーダー』もしくは『近距離無線通信「NFC」を搭載する対応スマートフォン』
・専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)(カード読み取りにスマホを使う場合)
パソコンの対応Webブラウザ
・「Internet Explorer」
・「Microsoft Edge」
・「Google Chrome」
・「Safari」

「NFC」は簡単に言うとSuicaやEdyなどの電子マネー決済ができるスマホなら搭載されています。

スポンサーリンク

10万円給付金(特別定額給付金)オンライン申請『スマートフォン』で準備・必要なもの

ここではスマートフォンでのオンライン申請で準備するもの・必要なものをまとめます。

スマホ申請
マイナンバーカード(世帯主)
・マイナンバーカード作成時に登録した「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)
・振込先銀行口座の確認書類(通帳やキャッシュカード、ネットバンキング画面の写し)
・近距離無線通信「NFC」を搭載する対応スマートフォン
・専用アプリ「マイナポータルAP」(iOS/Android)
スポンサーリンク

まとめ

10万円給付金(特別定額給付金)オンライン申請に必要となるのは「マイナンバーカード」と「署名用電子証明書の暗証番号(英数字6~16桁)」だけでなく、パソコンのブラウザ環境なども重要となります。

少しでもスムーズな申請の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
もりぞうをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG