スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け|映画の見逃し/無料フル動画を視聴する方法!

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画の無料フル動画を視聴する方法!ドラマ・映画

2021年2月26日の金曜ロードショーでテレビ初放送となる「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」。

この記事では

・リアルタイムでテレビで見れなかった
・録画ができなかった
・もう一度観たい
・見逃してしまった

という方に、「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を無料で視聴できる方法を紹介しています。

結論から言いますと、スターウォーズシリーズを前作見放題で楽しめるDisney+ (ディズニープラス)がおすすめ!

\31日間の無料トライアルを今すぐ試す♪/
初月無料は10月31日まで

Disney+ (ディズニープラス)

/スター・ウォーズシリーズが勢揃い!\

他にもおすすめの動画配信サービスも紹介していますので、ぜひ読み進めて下さいね!

 

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画の地上波初放送はいつ?

「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」
ノーカット版放送日:2021年2月26日(金)
放送時間:21:00〜


放送局:日本テレビ系列

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画の無料フル動画を視聴する方法

「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」がどの動画配信サービスで視聴できるか、表にまとめてみましたので見ていきましょう!

また「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を視聴するのにおすすめの動画配信サービスについても紹介しているので読み進めて下さいね。

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画公式フル動画/見逃し配信の状況

配信先配信状況無料期間ポイント付与月額料金
税込
Disney+ (ディズニープラス)
見放題
初月無料
※10/31までの登録
なし770円
U-NEXT
レンタル
399円
31日間無料初回600P
有料移行後
1200P
2,189円
music.jp
レンタル
399円
30日間無料初回1600P1,958円
クランクイン!ビデオ
レンタル
440ポイント
14日間無料

初回特典
3000P
有料移行後
2000P〜
990円〜
TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS
レンタル
409円+税
初回30日間無料動画ポイント
1100P
2,659円
Amazonプライム
レンタル
399円~
30日間無料なし月額500円
or
年額4,900円
dTV
レンタル
400円〜
31日間無料なし550円
ABEMA
レンタル
450コイン
2週間無料なし960円
Hulu×2週間無料なし1,026円
Netflix×なしなし990円〜

本ページの情報は2021年2月6日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

このように、見放題で配信されているサービスはDisney+ (ディズニープラス)だけとなります。

スターウォーズシリーズの配信状況はこちら

\31日間の無料トライアルを今すぐ試す♪/
初月無料は10月31日まで!

Disney+ (ディズニープラス)

/スター・ウォーズシリーズが勢揃い!\

 

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画が見れる動画配信サービスのおすすめポイント(目的別)

ここからは「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が見られる動画配信サービスの特徴とおすすめポイントを紹介していきます。

・Disney+(ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)ではスターウォーズシリーズを全話見放題で配信中!!

他の動画配信サイトに比べてメリットはあるのかな?

◆ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィック・スターの映画・動画が「定額770円(税込)/月」で見放題!
※一部課金コンテンツもあり

◆ディズニープラスのためだけに制作された長編映画やシリーズ作品も豊富

◆2021年10月31日までに登録で31日間の無料お試し期間付き♪

◆最大7つのプロフィールが登録可能でTV、スマホ、タブレット、PCなどのデバイスで同時視聴4台まで可能

◆ダウンロード可能で、いつでもどこでも楽しめる

◆字幕は日本語・英語対応!英語の勉強もできる!

スター・ウォーズ含め、ディズニーの作品を動画配信サービスで視聴しようとすると、ほとんどの作品がレンタル作品!

それがDisney+ (ディズニープラス)だと定額770円(税込)でほとんどの作品が見放題です

 

10本見ても20本見ても定額なんだね!
レンタルじゃないからいつでも何度でも見られる!

また、ケーブルテレビの視聴だと、工事やアンテナが必要だったりと、少しハードルが高いように思いますが、Disney+ (ディズニープラス)はさくっと手元のスマホでも登録〜視聴までできます。

 

ダウンロード機能があればお出掛け先で子どもたちも退屈しないね!

 

\31日間の無料トライアルを今すぐ試す♪/
10月31日までの登録で初月無料

Disney+ (ディズニープラス)

/スター・ウォーズシリーズが勢揃い!\

music.jp

・ディズニー作品以外も見たい!スターウォーズ作品もたくさん見たい人におすすめの動画配信サービスはmusic.jpがおすすめです。

また、映画やドラマと一緒に主題歌や劇中に流れている音楽も一緒に聴きたいという方にも、music.jpは楽しめます♪

配信されている作品数がアニメシリーズを含めて26作品あり、レンタル料も399円と安いです。

TVアニメシリーズはシーズンによっては割引でレンタルできる作品もあり、シリーズをイッキ見したい人にはうれしいですね。

またシリーズものでも話数ごとにレンタル可能なので、もう一度みたいお気に入りの回だけをレンタルすることも可能です。

music.jpは専用ページからの登録で30日間の無料お試しができますので、ぜひこちらを利用して下さいね!!

無料体験専用ページはこちら
↓ ↓

クランクイン!ビデオ

映画を中心に動画配信サービスをお得に利用したいという人はクランクイン!ビデオがおすすめです。

クランクイン!ビデオはポイント制の有料動画配信サービスですが、月額料金がそのままポイントとなります。

月額プラン(990円)→1010ポイント

プレミアム(1650円)→1350ポイントもらえます。

つまり、月額プラン(990円)分のポイント990ポイント+ボーナス分1010=2000ポイントとなるわけです。

プレミアムなら月額分1650ポイント+ボーナス分1350ポイント=3000ポイントになります。
どちらのプランを選んでも、ボーナス分で済ませれば実質無料で利用できるということです。

レンタルに必要なポイントのみを購入することも可能で、こちらも金額によってはボーナスがつきます。

また初回登録に限り、14日間無料体験で、3000ポイント付与!

通常月額プラン990円のコースは2000Pの付与ですが、初回登録に限り1000Pのプレゼントがあり、新作映画を3000円分楽しむことも♪

登録はこちら
↓ ↓

本ページの情報は2021年5月時点のものです。 最新の配信状況は クランクイン!ビデオ サイトにてご確認ください。

Amazonプライムビデオ

面白かったらDVD/BDを購入したいという人には Amazonプライム がおすすめです。

Amazonプライムビデオは通信販売大手のAmazonが運営している動画配信サービスです。

この映画面白かったからDVD/BDを購入したいと思ったらすぐに購入手続きが行えますし、プライム会員なら日時指定を無料で利用できます。

しかも回数制限がないので、1ヶ月に何度でも利用可能です。

無料体験はこちらを
クリック
↓ ↓


Prime Video

↑ ↑

TSUTAYA DISCAS

映画は何度も見たいけどDVD/BDを購入するのはちょっと、という人は TSUTAYA DISCASもおすすめです。

TSUTAYA DISCASは映像作品や書籍などのレンタル・販売を行っているカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が運営を行っています。

ネットでレンタルする場合、動画配信サービスは視聴開始してから48時間としているところがほとんどです。それはTSUTAYA DISCASも同じです。

しかしTSUTAYAはDVD/BDのレンタルを行っています。

視聴開始してから途中で止めてそのまま48時間経過してしまった人や、もっと長くレンタルできたらいいのにと思う方にはTSUTAYA DISCASを利用してみるのも良いでしょう!

TSUTAYA DISCASは30日間の無料体験がありますので、外出先や手軽に動画を観たい時は、TSUTAYA TV。

家でがっつり映画鑑賞という時には、TSUTAYA DISCASでDVDもしくはブルーレイを借りて視聴できるのが強みです。DVDなら新作から旧作まで揃っているので幅広い作品を楽しむこともできます。

無料体験の登録はこちら
↓ ↓

 

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画をdailymotion・pandoraで見れる?

dailymotionおよびpandoraでは『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の予告や本編の一部はみられますが、本編すべてを見ることは出来ないようです。

『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』ではなく原題の『Star Wars: The Rise Of Skywalker』で検索しても本編はすべては見られませんでした。

そもそも動画投稿サイトに投稿されている全編見られる映画はほとんど違法にアップロードされているものです。

映画を見られるサイトによってはどんな映画も全部見られたりしますが、そのサイトは違法サイトの可能性が非常に高いです。

違法サイトにアクセスするとPCなどがウイルス感染して個人情報を抜き取られたり、PCを遠隔操作される危険もあります。

抜き取られた個人情報の中に銀行やクレジットカードの情報があった場合、大事な預金を使われる可能性があります。

PCをロックして身代金を要求されるケースは企業だけではなく、個人にも及んでいますし、自分のPCが遠隔操作されて犯罪に使われる危険もあります。

犯罪に使われた場合、相手が一流のハッカーだったら警察に証拠をつかませず、結果としてあなたが逮捕されることも考えられます。

面白い映画を無料で見られたら良いなとは思いますが、違法にアップロードされたものを見るわけにはいきませんからね。

トラブル回避のためには危険なサイトには近づかないに限ります。

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画の作品情報とあらすじ・キャスト・感想

・作品情報

邦題:スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
(原題:Star Wars: The Rise Of Skywalker)

スターウォーズシリーズ9作品目
続三部作(シークエル・トリロジー)3作品目

制作国:アメリカ合衆国
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
上映時間:約140分

・あらすじ

銀河帝国の皇帝だったパルパティーンの言葉に従い、ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レン。
ダース・ベイダーの城があった跡地で、古代の科学技術を駆使して作られたウェイファインダーと呼ばれるシスのナビゲーターを入手する。
ウェイファインダーは星図に載ってない、銀河系の未知領域の奥深くにある惑星エクセゴルへと導く物であった。

惑星エクセゴルに辿り着いたカイロは死んだと思われていパルパティーンと出会う。
パルパティーンはクローンの体に自身の魂を宿したが、肉体が不完全なため生命維持装置付けてい。
パルパティーンはファースト・オーダーを密かに操り、彼をダークサイドへと誘うための操り人形としてスノークを作り上げていた。

スノークを殺したカイロにパルパティーンは大艦隊「ファイナル・オーダー」の指揮権を与えるからレイを殺すよう依頼する。

レジスタンスの指導者であるレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとしての修行に励むレン。
フィンとポー・ダメロン(英語版)は、ファースト・オーダーに潜入しているスパイからパルパティーン生存を聞き、レジスタンスに報告する。
レイアは惑星パサーナに協力者がいることを告げ、レイ、フィン、ポー、チューバッカ、BB-8、C-3POの6人はミレニアム・ファルコンで出発した。

惑星パサーナで一行はランド・カルリジアンに出会い、シスのウェイファインダーがありそうな場所を示した。
カイロはフォースのつながりを通じてレイの居場所を突き止め、レン騎士団とともに向かった。

レイたちは殺人者オーチの残した彼の宇宙船とドロイド 、そしてシスの言葉でウェイファインダーのありかが記されているナイフを発見する。
カイロが近くにいることを察したレイはカイロと戦い、その間にチューバッカとミレニアム・ファルコンがファースト・オーダーに捕まり、
ナイフも奪われてしまった。

レイはチューバッカの救出を試みるが、ファースト・オーダーの輸送船をフォース・ライトニングで破壊してしまった。
チューバッカは死んだと判断、オーチの宇宙船で逃走した。

ポーはC-3POの記憶装置からシスの言葉で書かれた文章を引き出すため、惑星キジーミへ行くことを提案。
暗号解読でC-3POの過去の記憶は全て消去されてしまったが、シスのウェイファインダーのある場所を特定することに成功した。

レイはチューバッカが生きていることを感じ、救出作戦を開始する。
カイロがレイの捜索のため町にいる間に、レイたちはスター・デストロイヤーに侵入した。
レイはチューバッカ創作中ナイフを発見、触れた瞬間そのナイフで両親が殺害されるヴィジョンを見る。

レイと再びまみえたカイロはレイに行程の孫娘でレイ・パルパティーンが本名だと告げた。

ポー、フィン、チューバッカはファースト・オーダーに捕まり処刑されかけているところを救出したハックス将軍は自分がスパイだと告げた。
ポーたちはミレニアム・ファルコンで脱出、ハックス将軍はスパイとしてプライド元帥に処刑された。

レイらは惑星エンドアのケフ・ビァに到着、元ストームトルーパーで今はレジスタンスの同調者であるジャナと出会う。
レイはデス・スターの残骸にウェイファインダーがあると話し、船を提供するとジャナは告げる。

カイロは再びレイと戦闘、死の床にあるレイアがフォースの力でカイロを呼び息を引き取った。
レイアに気をとられたカイロはレイに刺されてしまうが、レイアの死を知ったレイはカイロの傷を癒やした。
レイはカイロの戦闘機を使ってルークと同じように惑星オク=トーに身を潜めようとした。

ダークサイドに墜ちることを恐れるレイにルークの霊がレイアのライトセーバを渡し、これと自分のとでパルパティーンと戦うよう告げた。
ルークは海底に隠したXウイング・「レッド5」を海底からフォースで引き上げて提供、レイはカイロの戦闘機からウェイファインダーを発見、
レッド5に搭乗してエクセゴルへ向かった。

レイに負けたカイロは父親ハン・ソロの幻影に説得されて自らのライトセーバーを海に投げ捨て、ベン・ソロとしての本当の自分を取り戻した。

パルパティーンは惑星キジーミをプライド元帥が指揮するジストン級に破壊するよう命令をした。

レジスタンスの基地にてR2-D2がC-3POの記憶を回復、レジスタンスはレイの残した座標をたどってエクセゴルへ向かった。

エクセゴルでレイとパルパティーンは対決、ベン・ソロがダークサイドから離反したため今度はレイを乗っ取ろうと画策する。

空の上でレジスタンスとファイナル・オーダーの大艦隊との激しい戦闘が展開、レジスタンス敗色の中ランドが大勢の援軍とともに現れ形勢逆転した。

ベンはレイを助けに向かい、レイからライトセーバーを受け取りレン騎士団を退ける。
パルパティーンはレイとベンのフォースの力を吸い取り回復、フォースライトニングでレジスタンスの艦隊を攻撃、抵抗を試みたベンを地の底へ叩き落した。
レイも弱っていたが、過去のジェダイたちがレイに力を貸し立ち上がり、パルパティーンはフォースの稲妻でレイを攻撃する。

レイはルークとレイアのライトセーバーで攻撃を受け止め、ついにパルパティーンを倒すことに成功する。
レイは力を使い果たして絶命、地の底から這いあがってきたベンは自分の全フォースを使ってレイを生き返らせた。
レイはベンとキス、ベンは息絶えレイアと同時にフォースと一つになり肉体が消滅した。

その後レジスタンスはパルパティーンの艦隊壊滅に成功、とある惑星に集結し勝利を祝い、レイも駆け付けフィンやポーたちとの再会を喜んだ。

レイはBB-8と共に惑星タトゥイーンのルーク・スカイウォーカーが育った場所である、ラーズ夫妻の住居跡を訪問しレイアとルークのライトセーバー埋めた。
通りがかりの老婆に名を聞かれたレイは、ルークとレイアの霊が見守る中レイ・スカイウォーカーと名乗った。

・感想・ネタバレあり

 

「結末はこれでいいのか?」と「この結末しかない!」という気持ちになる作品だった。
3部作を通して父母との葛藤や確執が描かれ、善悪に揺れたカイロ・レン。このシリーズで最もドラマティックだったのは、
レイよりもカイロなのではと思った。
カイロは魅力的なキャラだったけど、善悪に揺れたために完全な悪役になれなくてかつての悪役が再登場した印象がある。
それでもレイが出自を乗り越え成長してゆく過程は良かったと思う。
劇場で見て良かった。

 

 

劇場で鑑賞したのだけど、こみ上げてくるものがあってエンドクレジットを見ながら泣きそうになった。
これだけ長く続いた作品だし壮大な物語だし、我々はもはやただの観客ではなく、作品の一部だと思う。
このシリーズをサイドまで見届けることが出来たのは良かった。
旧三部作では二作目の出来が良かったために、最終章の評価はかなり割れたが、エイブラムスがメガホンを取った一作目と同じく、
旧作へのオマージュが随所に見られたが、そこから脱しようとする意志の力も垣間見られた。
レイとレンの揺れる様子や成長過程も見応えがあった。

 

一応シリーズ全部見てきたからスターウォーズ/スカイウォーカーの夜明けも劇場で見た。
ファンが多いし、日本でも評価が高いから見続けてきたが最後まで面白いと思えなかった。
なので本作も期待しないで見たけど、やっぱり面白くなかった。
ラストはエピソード6とほとんど一緒だったし、何が良いのか理解できない。

 

シリーズがようやく完結。長かったな~。
全部見て思ったけど、これはシリーズ復活は完全に失敗だったかなと。
全部が全部とってつけたような内容で、スターウォーズの絞りカスから無理やり絞って作られたような感じ。
レイの出自もよそお通りで、新鮮味も面白みもなかった。
昔のキャラに頼りすぎなのが良くなかったと思うし、皇帝も無理やり復活させられた感があってかわいそうとすら思った。
でも映像はとてもきれいで、そこはすごく満足してる。

 

いや~最高の終わり方でした。
前作の「最後のジェダイ」はいまいちでしたが、今回は本当に良かったと思います。
レイの出自とかシスの登場とか、驚くことがたくさんありました。
映像もとてもきれいで、劇場まで見に行って良かったです。
これでスターウォーズが終わるんだと思うと寂しい気がしますが、長い間お疲れ様でした。
本当に最高でした。

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】のキャスト/出演者

・レイ

初登場は続三部作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。
幼い頃から惑星ジャクーで独りで暮らすスカベンジャーだったが、BB-8と脱走したストームトルーパーのフィンと出会い、レジスタンスに加わる。

演じている役者はデイジー・リドリー。イギリスの俳優。
映画やTVで活躍している。
イギリス人の黒人ラッパーWileyの「Lights On」のミュージックビデオに出演している。
日本語の吹き替えは俳優、声優の永宝 千晶。

・カイロ・レン

続三部作の1作目『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に初登場したダーク・ジェダイ。
帝国軍の残党が結成した組織「ファースト・オーダー」の幹部で、直属の戦闘部隊「レン騎士団」を組織し従えている。

演じている役者アダム・ドライバー。アメリカの俳優。
9.11を機に海兵隊に入隊するが自転車事故で胸骨を骨折し退役した。
2012年放送のTVドラマで注目され、2014年に主演作『ハングリー・ハーツ』で第71回ヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞した。
日本語の吹き替えは俳優、声優の津田 健次郎。

・レイア・オーガナ

反乱同盟の指導者のひとりで、家柄からレイア姫と呼ばれる。
パドメ・アミダラとアナキン・スカイウォーカーの娘で、命がけで帝国の圧制を終わらせようと戦った英雄。

演じている役者はキャリー・フランシス・フィッシャー。アメリカの俳優、映画脚本家。
1975年の映画「シャンプー」でデビュー。
スターウォーズシリーズへの出演が有名。
2016年LAへ向かう飛行機の中で心臓発作を起こしLAの病院へ緊急入院、一時は一命を取り留め安定したと伝えられたが容態が急変し死去した。
日本語の吹き替えは俳優、声優の高島 雅羅

・ルーク・スカイウォーカー

ジェダイの騎士、ダース・ベイダーの実子。
ジェダイになる前は、反乱同盟軍の兵士でホスの戦いでは新たに新設されたローグ中隊のリーダーだった。
レイアの実兄。

演じている役者はマーク・ハミル。アメリカの俳優、声優、コミックライター。
ルーク・スカイウォーカー役や『バットマン』のアニメ、ゲーム作品でのジョーカー役などで有名。
高校二年生の時、横浜市中区本牧の米軍接収区域内の高校に編入し2年半を日本で過ごす。
『ビル・コスビー・ショウ』でTVデビュー、映画デビューは1977年公開の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』である。
日本語の吹き替えは俳優、声優の島田 敏。

・フィン

幼少期に誘拐されてファースト・オーダーのストームトルーパーとして育った。
レイやレジスタンスのポー・ダメロンらと出会い、ファースト・オーダーを離れレジスタンスに加わる。

演じている役者はジョン・ボイエガ。イギリスの俳優。
9歳の頃南ロンドンの劇団に参加、14歳まで学校の授業以外の時間のほとんどを劇場で過ごし家計を支えた。
日本語の吹き替えは声優の杉村 憲司。

・ポー・ダメロン

プロテスタントのエースパイロット。
フィンがレジスタンスに加わるきっかけを与えた一人。

演じている役者はオスカー・アイザック。グアテマラ出身の俳優、歌手。
2005年にジュリアード学院を卒業後、本格的に俳優活動を開始する。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』への出演で人気俳優の地位を確立した。
日本語の吹き替えは声優の小松 史法。

・C-3PO

ヒューマノイド型の儀礼・通訳用ドロイド。
600万を越す宇宙言語を使え、暗号や各種族の儀礼にも精通している。

演じている役者はアンソニー・キングスレー・ダニエルズ。イギリスの俳優。
C-3POを演じている役者として世界的に有名であり、同シリーズすべてに出演している唯一の役者。
日本語の吹き替えは俳優、声優の岩崎 ひろし。

・R2-D2

宇宙用のアストロメク・ドロイド(修理・整備を行うドロイド)。
ナブー王室専用機に備え付けられた宇宙船や電子機器のオペレートを主目的とし、デス・スター設計図を丸々コピーするほどのメモリー能力がある。

演じている役者は ハッサン・タージ、リー・タワージー。
ハッサン・タージはを演じたとして知られている。
リー・タワージーは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でR2-D2を演じている。

・BB-8

銀河内戦後に開発された、球体の新型アストロメク・ドロイド。
続三部作シリーズのメインキャラの一人で、フィンがレジスタンスに加わるきっかけを与えた一人。

演じている役者はブライアン・ヘーリング、デイブ・チャップマン。
ブライアン・ヘーリングはBB-8のほかスターウォーズのスピンオフ作品でドロイドとクリーチャーも担当した。

デイブ・チャップマンはBB-8の操作を担当した一人。

・チューバッカ

森林惑星キャッシーク出身のウーキー族、身長は約230cm。
ミレニアム・ファルコン号の副操縦士。
基本言語は理解できたが、顔の構造の関係で話すことはできない。

演じている役者はヨーナス・ヴィルヤミ・スオタモ。フィンランドの俳優。元バスケット選手。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でピーター・メイヒューが演じるチューバッカのボディーダブルを務める。
メイヒューが高齢のため『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』以降チューバッカを演じている。

・パルパティーン皇帝

銀河帝国を創設したシスの暗黒卿。
ダース・ベインの掲げた2人の掟に従った最後のシスの暗黒卿で、銀河系の歴史上において最も強大なシス卿の一人。
レイの祖父。

演じている役者はイアン・マクダーミド。スコットランドの俳優、演出家。
1980年『ピラミッド』が映画デビュー作。
パルパティーン皇帝は元々他の役者が演じる予定だったが、その役者が降板したため同役を演じてることになった。
日本語の吹き替えは俳優、声優、ナレーターの青森 伸。

・ダース・ベイダー

銀河帝国皇帝シーヴ・パルパティーンに仕えるシスの暗黒卿。
もとはジェダイの騎士。オビ=ワン・ケノービとの決闘で四肢を失い全身に火傷を負い、サイボーグ化され常に生命維持装置と連動したマスクを着装している。

演じている役者はジェームズ・アール・ジョーンズ。アメリカの俳優、声優。
シリアスからコメディまで幅広い作品で活躍する一方、美声の持ち主としても知られている。
1964年『博士の異常な愛情』で映画デビュー、2011年アカデミー賞を受賞。

・スノーク

銀河帝国の復活を目論む帝国軍の残党から誕生した組織ファースト・オーダーの最高指導者。
カイロ・レンをダークサイドに引き込んだ張本人。

演じている役者はアンディ・サーキス。イギリス出身の俳優、モーションアクター。
1989年からTVに出演するようになり、1994年に映画デビュー。
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役で有名。

【スターウォーズ】シリーズの関連情報

アニメ・ドラマなどの情報

スターウォーズシリーズは1977年にアメリカで始まりました。
日本で公開が始まったのは1978年です。

最初のアニメ作品が作られたのは1985年『スター・ウォーズ ドロイドの大冒険』です。
実写映画でおなじみのC-3PO、R2-Dを主役にしたアニメ作品です。

『スター・ウォーズ ドロイドの大冒険』はシーズン1とスペシャルが作られたのみですが、
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の間のストーリーが展開される
『イウォーク物語』はシーズン2まで、『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の物語である
『スター・ウォーズ クローン大戦』はシーズン3まで製作されました。

YouTubeで公開された『Star Wars Blips』、女性キャラクターを主人公『スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー』など時代に合わせたシリーズが
作られています。

また2008年からは3Dアニメーションも製作されるようになりました。
スターウォーズシリーズ最初の3Dアニメ作品は『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』で非常に人気が高く、シーズン7まで作られました。

2011年からはレゴブロックのキャラをCG化したアニメも多数放送され、こちらも人気を博しています。

様々なアニメが製作されましたが、2018年には実写ドラマ『マンダロリアン』の製作が発表され、2019年にシーズン1の放送がスタートしました。
『マンダロリアン』は『ジェダイの帰還』から5年後、『フォースの覚醒』の25年前が舞台です。
2020年にはシーズン2が放送され、2021年にシーズン3が製作・配信される予定です。

『マンダロリアン』の他、2022年に『Andor(原題)』『Obi-one Kenobi(原題)』『The Acolyte(原題)』の製作・放送が予定されています。

『Andor(原題)』は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の前日譚、『Obi-one Kenobi(原題)』はタイトルの通りオビ=ワン・ケノービが
主役のドラマのようです。
『The Acolyte(原題)』の詳細は伏せられていますが、どうやら女性中心のストーリーが展開されるようです。

このほか映画『ワンダーウーマン』シリーズで監督を務めたパティ・ジェンキンスが監督を務める映画『ローグ・スコードロン(原題)』の製作が予定されています。
オリジナルのストーリーらしいので、こちらも楽しみですね。

【スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】映画の公式/見逃しフル動画の無料視聴方法まとめ

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を見たいけど、そのために有料動画配信サービスに登録するのはちょっと、という人のために無料視聴出来る方法がないか調べてみました。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をはじめ、スターウォーズシリーズを全て配信しているのは、Disney+ (ディズニープラス)のみです!

\31日間の無料トライアルを今すぐ試す♪/
10月31日までの登録で初月無料

Disney+ (ディズニープラス)

/スター・ウォーズシリーズが勢揃い!\

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が配信されており、スターウォーズやディズニー作品だけでなく、幅広いジャンルの動画を楽しみたいという方は動画配信サービスのお試し無料期間を使って賢く視聴する、という方法もあります。

映画『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が配信されているサービスはこちら

TSUTAYA TV/TSUTAYA DISCAS

クランクイン!ビデオ

music.jp

無料お試し期間を利用し、その間に解約すればタダで視聴可能ですのでぜひ、参考にしてくださいね。