薬屋のひとりごとアニメのキャスト声優予想/壬氏役はだれ?キャラデザインとストーリーはどこまでかも

PR
PR
薬屋のひとりごとアニメキャスト声優予想&壬氏役はだれ?キャラデザインとストーリーはどこまでかもアニメ
スポンサーリンク

シリーズ累計2,100万部も突破している日向夏さん原作の小説『薬屋のひとりごと』が待望のアニメ化という嬉しいニュース!

毒味役の少女・猫猫(マオマオ)が、数々の難事件を解決する痛快ミステリー小説ですが、漫画版もキャラクターデザインと出版社を変えて2作もリリースされているという人気ぶりです。

アニメ版の主人公・猫猫を演じるのは悠木碧(ゆうき・あおい)さん。

その他、壬氏役をはじめとするキャスト/声優は誰なのか、どちらのキャラデザがアニメ化されるのかなど気になりますよね。

こちらでは

  • アニメ『薬屋のひとりごと』のキャスト声優予想
  • アニメ『薬屋のひとりごと』の壬氏役は誰なのか
  • アニメ『薬屋のひとりごと』のキャラデザインはどちらか
  • アニメ『薬屋のひとりごと』はどこまでのストーリーなのか

についてまとめていきます!

新しい情報は更新していきますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

漫画版『薬屋のひとりごと』は
Amebaマンガでイッキ読み/

↑↑↑
今すぐチェック

※本記事の情報は2023年3月時点の情報です。最新の配信状況は直接サイト内にてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

薬屋のひとりごとアニメのキャスト声優予想/壬氏役はだれ?

中世の東洋を舞台とした『薬屋のひとりごと』。気になるアニメ版のキャスト/声優を紹介です。

猫猫(マオマオ)役は悠木碧(ゆうき・あおい)!

『薬屋のひとりごと』の主人公・猫猫(マオマオ)は花街の薬師。毒味役の少女です。実験と称して、これまで様々な毒や薬を試してきたため、人並み以上に毒への耐性が備わっています。

この猫猫が宮中で起こる様々な難事件を痛快に解決していきます。

今回のアニメ化で、この猫猫役に抜擢されたのが悠木碧(ゆうき・あおい)さん!先にリリースされているドラマCD版でも声優を担当されており、そのまま続投です。

さっそくコメントも出ていますよ。

壬氏(ジンシ)役は櫻井孝宏(さくらい・たかひろ)?

現在のところ、『薬屋のひとりごと』アニメ版のキャスティングは猫猫役の悠木碧さんのみが発表されており、そのほかは未発表です。

『薬屋のひとりごと』のもうひとりの主人公・壬氏(ジンシ)

壬氏役は誰が演じるのか気になるところですが、すでにリリースされている『薬屋のひとりごと』ドラマCD版のキャストを参考にすると、櫻井孝宏さんが濃厚?と予想です。

壬氏は後宮を統率する17~18歳の青年です。背が高く、甘い声と美貌のトリコになっている読者も多いでしょう。

猫猫の素晴らしい才能に目をつけ、色目を使ってアプローチするも全く相手にされず、そこがまた面白いと猫猫のことがお気に入りです。

ファンも多いこのイケメンキャラを演じるのはいったい誰なのか。分かり次第更新いたします。

高順(ガオシュン)役は津田健次郎(つだ・けんじろう)?

高順(ガオシュン)は壬氏(ジンシ)の付き人です。真面目な性分で苦労人。

ドラマCD版では津田健次郎さんがキャスティングされていました。

こちらも続投してほしいとの声がとっても多いです!

馬閃(バセン)役は松岡禎丞(まつおか・よしつぐ)?

馬閃(バセン)は若手の武官。馬閃もまた苦労人で、高順と似た生い立ちがあります。

無愛想ですが仕事には真面目。猫猫のことはあまり好きではありません。

ドラマCD版では松岡禎丞(まつおか・よしつぐ)さんがキャスティングされていました。

薬屋のひとりごとドラマCDキャスト声優は?

参考に「薬屋のひとりごと」ドラマCD版のキャスト声優をご紹介です。

キャスト/声優
猫猫(マオマオ)悠木碧(ゆうき・あおい)
壬氏(ジンシ)櫻井孝宏(さくらい・たかひろ)
高順(ガオシュン)津田健次郎(つだ・けんじろう)
馬閃(バセン)松岡禎丞(まつおか・よしつぐ)
李白(リハク)内匠靖明(たくみ・やすあき)
漢羅半(カン・ラハン)小林千晃(こばやし・ちあき)
やぶ医者/虞淵(グエン)小形満(おがた・みつる)
桜花(インファ)上條沙恵子(かみじょう・さえこ)
貴園(グイエン)守屋亨香(もりや・きょうか)
愛藍(アイラン)河野茉莉(かわの・まり)
水蓮(スイレン)
紅娘(ホンニャン)
新田京助(にった・きょうすけ)
孔雀館楼主中野泰祐(なかの・たいすけ)
禿唯野あかり(ただの・あかり)

 

スポンサーリンク

薬屋のひとりごとアニメのキャラデザインはどっち?

アニメ『薬屋のひとりごと』のキャラクター原案の担当はしのとうこさん。キャラクターデザインを手掛けるのは、中谷友紀子(なかたに・ゆきこ)さんです。

原作日向夏
監督長沼範裕
シリーズ構成長沼範裕
キャラクター原案しのとうこ
キャラクターデザイン中谷友紀子
アニメーション制作TOHO animation STUDIO、OLM
制作「薬屋のひとりごと」製作委員会

 

『薬屋のひとりごと』は原作小説のほかに漫画版がありますが、2つの作画からなる作品が別の出版社からリリースされています。アニメ化の発表があった際、キャラデザはどっち?という声がとても多かったです。

月刊「ビッグガンガン」で連載、ねこクラゲ先生の作品

そして「サンデーGX」で連載、倉田三ノ路(くらた・みのじ)先生の作品です。

調査したところ、どちらがアニメ化されるという発表はなく、あくまでも原作小説がアニメ化されるとされています。

すでにアニメ化のティザー映像は公開されており、見ることができますよ。原作小説のアニメ化本編放送が楽しみです!

スポンサーリンク

薬屋のひとりごとアニメのストーリーはどこまで?

『薬屋のひとりごと』は2023年2月現在のところ、原作小説が13巻、ねこクラゲ先生作画の漫画が11巻、倉田三ノ路先生作画の漫画が16巻まで出版されています。

アニメ化されるストーリーはどの部分なのか、どこまでの話がアニメ化されるのか気になります。

現在のところ、具体的に「どこまでをアニメ化」という情報はありません。

ただ、すでに公開されているティザー映像を見てみると、ある程度ストーリーが進んだところがアニメ化されており驚いた方も多かったです。

どのようにストーリーが展開していくのか…!

人気があれば、2期の放送も決まるのでは?と予想です。楽しみですね。

スポンサーリンク

薬屋のひとりごとアニメのキャスト声優予想まとめ

日向夏さん原作の小説『薬屋のひとりごと』がアニメ化、そして2023年に放送されることが決定!

すでにティザービジュアルやPV映像が公開されており、原作ファンから「楽しみだ!」と熱い声が届いています。

先に発表されている猫猫役を務める声優は悠木碧さん。ドラマCD版からの続投となり、ほかのキャスティングもそのまま続投となるのか?と様々な予想が飛び交っています。

アニメ化されるキャラデザインについてですが、漫画版のどちらが、ということはありません。あくまでも原作小説がアニメ化されるとのことで、キャラクターデザインを手掛けるのは中谷友紀子さんです。

キャスト含めて、今後どんどん情報が解禁になるかと思いますので、分かり次第更新していきます。

漫画版『薬屋のひとりごと』は
Amebaマンガでイッキ読み/

↑↑↑
今すぐチェック

※本記事の情報は2023年3月時点の情報です。最新の配信状況は直接サイト内にてご確認ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました