スポンサーリンク

球磨川(熊本)のライブカメラと現在の水位や氾濫場所&状況を確認する方法!

球磨川(熊本)のライブカメラと現在の水位や氾濫場所&状況を確認する方法! 天気
スポンサーリンク

特別警報級の台風10号が九州に近づいてきました。

九州をはじめとする西日本地方にも大きな被害をもたらす可能性があるかもしれません。

特に球磨川は今年すでに大きな被害がでたばかり心配ですね。

この記事は、熊本県を流れる球磨川(くまがわ)の

・球磨川のライブカメラリアルタイム映像
・球磨川の現在の水位や状況を確認する方法
・球磨川の氾濫場所を確認する方法
・球磨川周辺のハザードマップ

についてまとめています。

スポンサーリンク

球磨川(熊本)のライブカメラ映像で現在の状況をチェック

上記ライブカメラ映像は10分間隔で更新されます。
10分間の間に状況が大きく変化している場合もありますのでご注意ください。
河川の情報は川の防災情報でもご覧いただけます。

それでは球磨川のライブカメラが見られるサイトを紹介していきます。

全国の河川の状況がわかるライブカメラ
▼cametan▼
https://www.cametan.com/view/kawa.html

▼国土交通省九州地方整備局▼
八代河川国道事務所

▼球磨川はこちら▼
八代市 球磨川堰下流
球磨村 球磨橋付近

▼ヤフー▼
球磨川の水位情報

こちらのYahooのサイトでは水位情報とライブカメラ映像が見ることができます。
🎥をクリックするとライブカメラ映像を確認できます。

スポンサーリンク

球磨川(熊本)のリアルタイム水位や氾濫場所を確認する方法

ライブカメラで映像を確認したら、次は水位も気になるところですよね。

現在の水位や危険水位・氾濫場所等が確認できます。

▼球磨川の八代河川国道事務所 水位リアルタイム観測データ▼
http://www.qsr.mlit.go.jp/yatusiro/kumagawa/bousai/water0000.html

水位と雨量もわかるようになっています。

▼球磨地方の水位▼
http://www.bousai.pref.kumamoto.jp/Dsp/GmnDspD.exe?43A9S487

 

▼ヤフー水位情報▼
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/river/8909110001/

スポンサーリンク

基準水位の定義

水位は次のレベル1〜5で表します。

○氾濫発生(レベル5)

氾濫危険水位(レベル4)
河川が氾濫する恐れのある水位や安全に避難するために避難を開始すべき水位

○避難判断水位(レベル3)
市町村からの避難準備情報などの避難情報が発表される目安となる水位

○氾濫注意水位(レベル2)
河川の氾濫の発生を注意する水位、最新情報に注意してください

○水防団待機水位(レベル1)
水防団が水防活動の準備を始める目安

○平常
どの基準水位にも達していない状態

レベル3の避難判断水位では実際に避難に向けて準備する段階になってきます。

すぐに避難できるよう日頃から防災セットを用意しておきたいですね。


スポンサーリンク

球磨川(熊本)のハザードマップ

お住まいの地域のハザードマップを確認することは非常に重要です

まだ整備できていない地域もあるようですが、必ず確認しておきましょう!

全国のハザードマップが見れます
ハザードマップポータルサイト

自分が確認したい地域を選んでください。

 

▼国土交通省九州地方整備局▼
八代河川事務所

 

スポンサーリンク

球磨川の付近の道路交通情報

避難する際は、球磨川周辺の道路が通行できるのかも気になるところですね。

通行止めになってしまってからでは遅いので早めの行動を心がけてください。

熊本県(一般道)
▼日本道路交通情報センター▼
熊本県(国道3号、国道57号、国道208号の道路情報)
▼九州地方整備局熊本河川国道事務所▼
九州地方(高速道路)
▼日本道路交通情報センター▼
▼NEXCO西日本▼

 

▼トヨタ▼
TOYOTA通れた道マップ

 

避難の時、自動車で走行する際の目安にしてください。

浸水深 自動車走行
0~10cm 走行に関し、問題はない。
10~30cm ブレーキ性能が低下し、安全な場所へ車を移動させる必要がある。
30~50cm エンジンが停止し、車から退出を図らなければならない。
50cm~ 車が浮き、また、パワーウィンドウ付きの車では車の中に閉じ込められてしまい、車とともに流され非常に危険な状態となる。

引用元:(千葉県HPより)

スポンサーリンク

球磨川のライブカメラ水位情報まとめ

球磨川のライブカメラや水位情報を確認する方法をまとめました。

球磨川には各ポイントにライブカメラがあります。

そして球磨川の水位観測所もありますので気になる場合は河川に近づくことなく安全な場所でライブカメラ等で確認してください。

また氾濫してしまってからでは避難は難しくなります。

自分が住んでいる地域のハザードマップをしっかり確認して準備をしておいて下さい。

早め早めの行動を心掛けてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
天気
もりぞうをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG