彼女はキレイだった日本版のキャスト配役と相関図は?脚本やリメイクの感想、見逃し動画配信も

彼女はキレイだった日本版のキャスト配役と相関図は?脚本やリメイクの感想、見逃し動画配信ドラマ・映画
スポンサーリンク

韓国の大人気ドラマ「彼女はキレイだった」日本版リメイクの放送が決定して話題になっています!

そこで今回は、日本版「彼女はキレイだった」のキャスト配役相関図放送地域放送日はいつからなのかなど、ドラマの気になる基本情報を、主題歌原作脚本と共に紹介していきます。

ドラマをリアルタイムで見られないという方のために、見逃し動画配信再放送についても調査したので必見です!

原作の韓国版
「彼女はキレイだった」は
FODプレミアムで配信中!/

※本記事の情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は直接サイト内にてご確認ください。

 

スポンサーリンク
  1. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマはいつからでいつまで放送地域は?
  2. 彼女はキレイだった日本版のキャスト配役と相関図は?
    1. 中島健人(なかじま・けんと):長谷部宗介(はせべ・そうすけ)役
    2. 小芝風花(こしば・ふうか):佐藤愛(さとう・あい)役
    3. 赤楚衛二(あかそ・えいじ):樋口拓也(ひぐち・たくや)役
    4. 佐久間由衣(さくま・ゆい):桐山梨沙(きりやま・りさ)役
    5. 高橋優斗(たかはし・ゆうと):里中純一(さとなか・じゅんいち)役
    6. 宇垣美里(うがき・みさと):須田絵里花(すだ・えりか)役
    7. 片瀬那奈(かたせ・なな):岡島唯子(おかじま・ゆいこ)役
    8. 本多力(ほんだ・ちから):宮城文太(みやぎ・ぶんた)役
    9. 寒川綾奈(そうがわ・あやな):東今日子(あずま・きょうこ)役
    10. 村瀬紗英(むらせ・さえ):風見若葉(かざみ・わかば)役
    11. 山田桃子(やまだ・ももこ):小松麻利奈(こまつ・まりな)役
    12. LiLiCo(りりこ):池沢蘭子(いけざわ・らんこ)役
    13. 木村祐一(きむら・ゆういち):岸田庸司(きしだ・ようじ)役
    14. 菅原大吉(すがわら・だいきち):佐藤豊(さとう・ゆたか)役
    15. 吉田莉桜(よしだ・りお):佐藤桃(さとう・もも)役
    16. 松田陽子(まつだ・ようこ):佐藤明里(さとう・あかり)役
    17. 白水ひより(しらみず・ひより):小学生の佐藤愛役
    18. 高木龍之介(たかぎ・りゅうのすけ):小学生の長谷川宗介役
  3. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ脚本と原作は?
  4. 彼女はキレイだった日本版の主題歌は?
  5. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマの放送地域は?
    1. 北海道・東北
    2. 関東
    3. 東海
    4. 甲信越・北陸
    5. 関西
    6. 中国・四国
    7. 九州・沖縄
  6. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ見逃し動画配信/再放送は?
  7. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ公式ツイッター&インスタグラムアカウントは?
  8. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマのSNSの感想や反応は?
  9. 彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ:まとめ

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマはいつからでいつまで放送地域は?

「彼女はキレイだった」はフジテレビ系関西テレビにて7月6日火曜日スタート、毎週火曜よる9時から放送です。初回は15分の拡大版!

初回放送日時:2021年7月6日(火)よる9時~
放送予定日:毎週火曜よる9時~

初回放送日以外の詳しい放送日程については、今のところまだ発表はありませんが…

「彼女はキレイだった」が放送されるフジテレビ系列の火曜21時枠の過去の放送ドラマを確認してみたところ、毎回だいたい10話くらいの話数で放送が行われます。

そのため「彼女はキレイだった」もおそらく全10話くらい、最終回は9月になることが予想されます。

→ドラマ『ナイト・ドクター』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のキャスト配役と相関図は?

登場人物の相関図は公式サイトで見ることができます!

▶「彼女はキレイだった」ドラマ公式サイト

▶「彼女はキレイだった」相関図

7月4日時点で発表されているキャスト/出演者と役どころをご紹介いたします♪

中島健人(なかじま・けんと):長谷部宗介(はせべ・そうすけ)役

中島健人の役どころ

ニューヨークから転勤してきた大人気雑誌の副編集長で、クリエイティブディレクターも務めている。
優秀なものの冷たい印象で部下にもはっきりと意見するため、反感をもたれることも。
現在は仕事も出来て見た目もかっこいいハイスペック男子だが、子ども時代はいじめを受けていたという過去が…
そのときに仲良くしてくれた愛のことが忘れられず、日本に来て16年ぶりに愛と会うことに。

原作の韓国版では、梨泰院クラスで有名なパク・ソジュンさんが演じていました。

小芝風花(こしば・ふうか):佐藤愛(さとう・あい)役

小芝風花の役どころ

性格はいいものの、現在は仕事もなく友人の家に住ませてもらっている。
仕事を探していたところ、たまたま宗介の働く雑誌編集部で期間限定で働くことに。
子ども時代は才色兼備だったものの、今ではその面影はなく自信を持てずにいる。
宗介に自分の正体を打ち明けることが出来ない。

原作の韓国版では、「キルミーヒールミー」などで知られるファン・ジョンウムさんが演じていました。

赤楚衛二(あかそ・えいじ):樋口拓也(ひぐち・たくや)役

赤楚衛二の役どころ

編集部の同僚。
明るくて周りからの評判も良く、いきなり編集部で働くことになった愛のことを助けてくれる優しい先輩。
愛に好意を持つようになるものの…

原作の韓国版では、SUPER JUNIORのメンバーのチェ・シウォンさんが演じていました。

佐久間由衣(さくま・ゆい):桐山梨沙(きりやま・りさ)役

佐久間由衣の役どころ

愛の親友で、愛と一緒に暮らしている。
愛とは家族のような存在で、いつも愛のことを気にかけてくれる存在。
美人なためかなりモテる。
愛にお願いされ、愛のふりをして宗介に会ううちに、宗介のことが気になり始め…

原作の韓国版では、コ・ジュニさんが演じていました。

高橋優斗(たかはし・ゆうと):里中純一(さとなか・じゅんいち)役

高橋優斗の役どころ

編集部の同僚。
若手社員だが人当たりもよく、ほかの社員からも可愛がられている。
優しいが、ややおっちょこちょいな面も。

原作の韓国版では、パク・ユファンさんが演じていました。

宇垣美里(うがき・みさと):須田絵里花(すだ・えりか)役

宇垣美里の役どころ

編集部のビューティエディター。
やや気の強い性格。

原作の韓国版では、シン・ヘソンさんが演じていました。

片瀬那奈(かたせ・なな):岡島唯子(おかじま・ゆいこ)役

片瀬那奈の役どころ

編集部のエグゼクティブファッションエディター。
雑誌が創刊されたときから働いており、雑誌への思い入れも強い。
ときには厳しい面もあるものの、周りから信頼されている。

原作の韓国版では、シン・ドンミさんが演じていました。

本多力(ほんだ・ちから):宮城文太(みやぎ・ぶんた)役

本多力の役どころ

編集部のエグゼクティブデジタルエディター。
個性的なファッションで、不思議な雰囲気を持っている。
10年前に、図鑑を作る部署から移ってきた。

原作の韓国版では、アン・セハさんが演じていました。

寒川綾奈(そうがわ・あやな):東今日子(あずま・きょうこ)役

寒川綾奈の役どころ

編集部のファッションエディター。
大好きなファッションの仕事をするため、田舎からやってきた。
今の仕事が大好きで、やる気も強い。
オールブラックコーデがポイント。

村瀬紗英(むらせ・さえ):風見若葉(かざみ・わかば)役

村瀬紗英の役どころ

ビューティ班アシスタント。
ファッションに詳しく、早く一人前になるため絵里花のもとで修行中。
カラフルなアイテムが好き。

山田桃子(やまだ・ももこ):小松麻利奈(こまつ・まりな)役

山田桃子の役どころ

ファッション班アシスタント。
唯子と今日子のもとで働いている。
カラフルなスカーフがポイント。

 

LiLiCo(りりこ):池沢蘭子(いけざわ・らんこ)役

ドラマの舞台となるファッション誌「ザ・モスト」編集長役を務めます。

毎回、インパクトの強いド派手な衣裳で登場するとのことで、そこも見どころですね。

木村祐一(きむら・ゆういち):岸田庸司(きしだ・ようじ)役

原作にはいないオリジナルの登場人物で、採算の取れない「ザ・モスト」を廃刊にしたいと目論む文講出版の常務役を演じます。

菅原大吉(すがわら・だいきち):佐藤豊(さとう・ゆたか)役

小芝風花さん演じる、佐藤愛の父親役をつとめます。

経営していた印刷所が倒産するも、明るく元気に家族を守る役どころ。

吉田莉桜(よしだ・りお):佐藤桃(さとう・もも)役

小芝風花さん演じる、佐藤愛の妹。女子高生役を演じるのは吉田莉桜さん。

松田陽子(まつだ・ようこ):佐藤明里(さとう・あかり)役

小芝風花さん演じる、佐藤愛の母親。元校閲者。

白水ひより(しらみず・ひより):小学生の佐藤愛役

17年前の小学生時代、スーパー美少女だった佐藤愛を演じるのは、白水ひよりさん。

高木龍之介(たかぎ・りゅうのすけ):小学生の長谷川宗介役

17年前の小学生時代、気弱な太っちょだった長谷川宗介役を演じるのは、高木龍之介くんです。

 

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ脚本と原作は?

今回放送される「彼女はキレイだった」は韓国ドラマのリメイク版で、原作は、韓国ドラマ「彼女はキレイだった」(「彼女はキレイだった」ⒸMBC /脚本 チョ・ソンヒ)です。

この韓国ドラマ「彼女はキレイだった」は、日本でも大ヒットした「梨泰院クラス」でも知られる人気俳優パク・ソジュンさんも出演していた大人気ドラマです。

今回の日本版「彼女はキレイだった」の脚本を務めるのは、清水友佳子(しみず・ゆかこ)さんと三浦希紗(みうら・きさ)さん!

清水友佳子さんは、2019年に吉高由里子(よしたか・ゆりこ)さん主演で放送されたドラマ「わたし、定時で帰ります。」や、2017年に藤原竜也(ふじわら・たつや)さん主演で放送されたドラマ「リバース」などの脚本を務めていた脚本家さんです。

三浦希紗さんは、今年7月に放送予定の中川大志(なかがわ・たいし)さんのドラマ「ボクの殺意が恋をした」の脚本も務めている脚本家さんです。

→ドラマ『ひきこもり先生』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版の主題歌は?

「彼女はキレイだった」の主題歌は、主演を務める中島健人さんが所属するグループ・Sexy Zoneの「夏のハイドレンジア」です。

この曲は、秦基博(はた・もとひろ)さんがドラマのために書き上げた楽曲です!

小芝風花さん演じるヒロインのことを紫陽花の花のイメージで作り上げた一曲で、ドラマにぴったりの素敵なミュージックとなっていますので、是非こちらも注目して聞いてみてくださいね!

また新たにオープニングテーマとして、Awesome City Clubの新曲「夏の午後はコバルト」が決定しています。

ドラマのために書き下ろした楽曲で、軽快でアップテンポなメロディーライン!。歌詞もドラマの内容とマッチしたものとのことで、気になりますね。「付かず離れずな男女のメロディーラインにこだわりを」とコメントされており、楽曲の中でもドラマを感じ取れるようですよ。

→ドラマ『ボクの殺意が恋をした』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマの放送地域は?

放送地域のご紹介です。カンテレ(関西放送)はフジテレビ系列で放送されますが、火曜日の21時枠のドラマは各地域で以下のように放送されるようです。ですがやはり地域によって放送時間が違ったりもあるようなので、お住まいの番組情報・番組表を確認いただくのが確実ですね。

北海道・東北

・北海道:北海道文化放送
・青森県:ー
・岩手県:岩田めんこいテレビ
・秋田県:秋田テレビ
・宮城県:仙台放送
・山形県:さくらんぼテレビ
・福島県:福島テレビ

関東

・茨城県:フジテレビ
・栃木県:フジテレビ
・群馬県:フジテレビ
・埼玉県:フジテレビ
・千葉県:フジテレビ
・東京都:フジテレビ
・神奈川県:フジテレビ

東海

・静岡県:テレビ静岡
・岐阜県:東海テレビ
・愛知県:東海テレビ
・三重県:東海テレビ

甲信越・北陸

・新潟県:新潟総合テレビ
・山梨県:ー
・長野県:長野放送
・富山県:富山テレビ
・石川県:石川テレビ
・福井県:福井テレビ

関西

・滋賀県:関西テレビ
・京都府:関西テレビ
・大阪府:関西テレビ
・兵庫県:関西テレビ
・奈良県:関西テレビ
・和歌山県:関西テレビ

中国・四国

・鳥取県:さんいん中央テレビ
・島根県:さんいん中央テレビ
・広島県:テレビ新広島
・山口県:ー
・岡山県:岡山放送
・徳島県:ー
・香川県:岡山放送
・高知県:高知さんさんテレビ
・愛媛県:テレビ愛媛

九州・沖縄

・福岡県:テレビ西日本
・佐賀県:サガテレビ
・大分県:テレビ大分
・長崎県:テレビ長崎
・熊本県:テレビ熊本
・宮崎県:テレビ宮崎
・鹿児島県:鹿児島テレビ
・沖縄県:沖縄テレビ

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ見逃し動画配信/再放送は?

「彼女はキレイだった」の見逃し動画配信については、まだ詳しい発表がありませんが…

「彼女はキレイだった」が放送される予定のフジテレビ系列の火曜21時枠で現在放送されている「大豆田とわ子と三人の元夫」は、FODプレミアムで1話~最新話まで見逃し配信されています。

そして、最新話のみカンテレドーガとTVerでも配信されています。

そのため、おそらく「彼女はキレイだった」もFODプレミアムで見逃し配信される可能性が高いです。

再放送については、過去の傾向を見るとされない可能性も高いです。

そのためリアルタイムで見られない方は、見逃し配信を利用することをおすすめします。

今作の原作となった韓国版の「彼女はキレイだった」も、FODプレミアムで視聴可能!

是非原作もチェックしてみてくださいね!

FODプレミアム
\こちらから/

※本記事の情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は直接サイト内にてご確認ください。

→ドラマ『TOKYO MER』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ公式ツイッター&インスタグラムアカウントは?

「彼女はキレイだった」の公式サイト公式ツイッター公式インスタグラムがこちら↓

▶「彼女はキレイだった」ドラマ公式サイト

▶「彼女はキレイだった」ドラマ公式ツイッターアカウント

▶「彼女はキレイだった」ドラマ公式インスタグラムアカウント

また中島健人さん演じる主人公の長谷部宗介のインスタアカウントも!!

▶長谷部宗介の公式インスタグラムアカウント

ドラマの最新情報を見逃したくないという方、また、出演者情報をチェックしたいという方は、ぜひ公式サイトのチェックや公式SNSのフォローもしてみてくださいね!

→ドラマ『ハコヅメ』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマのSNSの感想や反応は?

韓国ドラマ「彼女はキレイだった」はとても人気の高い作品で、今作はその日本版リメイクということで、SNSでも話題になっているようです!

SNSの書き込みを見ていると、やはり放送前からかなり注目度が高いようですね。

特にヒロインを務める小芝風花さんが、イメージに合っていると好評の様子!

中島健人さん演じる主人公は、韓国版ではパク・ソジュンさんが演じています。

パク・ソジュンさんのイメージが強いため、中島健人さん演じる主人公がどんな感じになるのか想像つかない!という人もいるようです。

主人公はかなり毒舌キャラということなので、普段のイメージとは違った新しい中島健人さんが見られるかもしれませんね!

→ドラマ『プロミス・シンデレラ』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

スポンサーリンク

彼女はキレイだった日本版のリメイクドラマ:まとめ

「彼女はキレイだった」はフジテレビ系列にて7月6日火曜日スタート、毎週火曜よる9時から放送です。

原作は、日本でも大人気のパク・ソジュンさんが出演した韓国ドラマ「彼女はキレイだった」、脚本は、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」などの脚本を担当した清水友佳子さんと、今年7月に放送予定のドラマ「ボクの殺意が恋をした」などの脚本を務める三浦希紗さん。

見逃し動画配信は、過去の傾向を見るとFODプレミアムで行われる可能性が高いです!

韓国の大人気ドラマのリメイク版ということで、今から楽しみで仕方ありませんね。

原作になった韓国版「彼女はキレイだった」も是非チェックしてみてくださいね!

FODプレミアム
\こちらから/

※本記事の情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は直接サイト内にてご確認ください。

→ドラマ彼女はキレイだった日本版のロケ地撮影場所・目撃情報・エキストラ募集

そのほか2021年夏ドラマキャストや原作脚本・見逃し配信など追っています♪

→ドラマ『ナイト・ドクター』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

→ドラマ『ひきこもり先生』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

→ドラマ『ボクの殺意が恋をした』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

→ドラマ『TOKYO MER』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

→ドラマ『ハコヅメ』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

→ドラマ『プロミス・シンデレラ』のキャスト相関図・原作脚本・主題歌・見逃し

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラマ・映画
ayumiをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG