宮沢氷魚の目の色は父母譲り?兄弟や家族、英語力について&出身大学など学歴も調査

宮沢氷魚の目の色は父母譲り?兄弟や家族、英語力について&出身大学など学歴も調査 芸能人
スポンサーリンク

近年よく名前を見かける俳優さんに宮沢氷魚(みやざわ・ひお)さんがいます。珍しい名前なので紙面でも印象に残りやすいのですが、ドラマや映画で活躍が増え、そのビジュアルのよさから気になっている人が増えているようです。

また、英語の発音がきれいなことでも話題となっています。ここではそんな宮沢氷魚さんについて紹介していきます。基本的なプロフィールに加えて、家族構成や英語が堪能な理由も一緒に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

宮沢氷魚のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮沢氷魚(@miyazawahio)がシェアした投稿

宮沢氷魚(みやざわ・ひお)さんはモデル出身の俳優さんです。

1994年4月24日にアメリカのサンフランシスコで生まれ、東京で育ちました。

身長は184cmもあります。靴のサイズは28.5cmです。
足の長さは公式サイトでも明記されていなかったのでわかりませんでしたが相当長いです。

このインスタ写真 座っていても足の長さが伝わってきます。

宮沢氷魚さんの氷魚は“ひお”と読みます。
珍しい名前ですがこちらは本名であることが分かっています。

この名前は琵琶湖に住むアユの稚魚である氷魚(ひうお)に由来しており、厳しい環境である琵琶湖で生き延びている魚の様に、あらゆる苦境にも対応できるような人間になるようにとお父さんから名付けていただいたそうです。

趣味は野球、サッカー、陸上などスポーツ系が目立ち、運動神経は抜群です。
その他釣りも趣味の一つとしてあげられています。

2015年にメンズノンノの専属モデルオーディションに合格をし、モデル活動をスタート。
その後2017年に放送されたドラマ『コウノドリ』の出演が本格的な俳優活動のスタートとなりました。

スポンサーリンク

宮沢氷魚の目の色は?父母・兄弟など家族構成について

宮沢氷魚さんのお父さんは「島唄」や「風になりたい」で有名な『THE BOOM(ザ・ブーム)』のボーカルである宮沢和史(みやざわ・かずふみ)さんです。そういわれると本当によく似ています。

そしてお母さんはタレントの光岡ディオン(みつおか ディオン)さんです。お母さんである光岡さんはアメリカ人と日本人のハーフなので、宮沢氷魚さんはクォーターということになります。

氷魚さんの目は薄い茶色でとても透き通った色をしています。カラコン無しでこの透明感はうらやましい限りですが、クォーターということからこの瞳の色であることが納得できます。

音楽の世界の第一線で活躍し続ける父親を、氷魚さんは尊敬していると語っています。たくさんの人を魅了するライブを観て芸能界に興味を持ったそうです。

同じ芸能界でも歌手ではなく俳優の道を選んだ氷魚さんですが、お父さんからは「厳しい世界だけどやりがいがある。頑張れ」とエールをもらったと語っています。

宮沢さんは2歳下の弟・海実(かいみ)君と4歳下の妹・琉歌(るか)さんを持つ3人兄弟です。
釣り好きから海と言う字をもらった弟さん、そして沖縄音楽が好きだからと琉球の文字をもらった妹さん、兄弟3人とも素敵な名前です。

スポンサーリンク

宮沢氷魚の英語力について!出身大学など学歴も調査

宮沢さんは日本のインターナショナルスクールを卒業後、アメリカのカリフォルニア大学サンタクルーズ校に入学しました。
こちらの大学はアメリカ州立大学の中でも難関校と言われている大学です。

宮沢さんはサンフランシスコ出身であり、英語力をさらに養うためにこちらの大学に進学したようです。

しかし入学後、日本で芸能活動をしたいという強い気持ちから、在学中に芸能事務所へ入ることが決まりました。そのため日本へ戻り国際基督教大学へ編入をしています。

ちなみにこの国際基督教大学は母親である光岡ディオンさんの母校でもあります。大学での勉強と芸能活動を両立させながら、留年することなく2017年に大学を卒業しています。

宮沢さんが育ったのは東京都ですが、彼は英語と日本語のバイリンガルとして有名です。幼少期からインターナショナルスクールに通い、アメリカの大学へと進んでいることでほとんどネイティブといえるような発音で英語を使っておられます。

彼の演技デビュー作となったのはNHKの英語番組『おとなの基礎英語』でした。オーストラリアを旅する青年を演じており、この起用もしっかりした英語力があるからこそだったのだと思えます。

【短尺英語】宮沢氷魚が流暢な英会話を披露!語学男子|ELLE Japan

宮沢氷魚さんのTwitterにも英語力がわかる動画がありました。

スポンサーリンク

宮沢氷魚の芸能界入りのきっかけは?

宮沢氷魚さんが芸能界入りしたのは2015年のことです。自分の意志で芸能事務所に履歴書を送ったことがきっかけとなりました。

そして今の在籍事務所であるレプロエンタテインメントに所属が決まったのです。

氷魚さんはご両親ともに芸能人ですが、履歴書を送る際にはそのことは伏せて応募したそうです。

お父さんの宮沢和史さんの息子としてではなく、一人の男として勝負しようと思ったのではないでしょうか。見事芸能界入りを果たしたことはやはり彼自身に光るものがあったということでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

では宮沢氷魚さんについてまとめてみます。

・1994年4月24日 アメリカのサンフランシスコに生まれる。
・インターナショナルスクール育ちで英語も堪能
・父親にTHE BOOMの宮沢和史さん、母親に光岡ディオンさんを持つクォーター
・芸能界入りは自らの力によるものであり、父親母親の名前で入ったものではない

幼いころから父親を見て育ち、自分の力で芸能界に入ってきたということに、とてもカッコよさとたくましさを感じます。自分と同じ世界にとびこんできた息子さんを見るとお父さんである宮沢和史さんもきっとうれしかったでしょう。

宮沢氷魚さんはまだ俳優として歴史は浅いですが、ドラマや映画でも主演も果たしておりどんどん注目されています。これからもたくさんの活躍が期待できそうです。

宮沢氷魚の彼女は桜井日奈子?杏が好き!歴代彼女や好きなタイプについても

スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人
スポンサーリンク
もりぞうをフォローする
もりぞうBLOG