えんとつ町のプペル映画はいつまで上映?評判と感想、絵本を無料で読めるサイトも紹介

アニメ
スポンサーリンク

2020年12月25日に公開された劇場アニメ『映画 えんとつ町のプペル』が話題になっています。

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん作の絵本が原作のアニメ映画で、西野さんご自身が「映画化が最終地点」と2016年10月の出版時から公言していました。それから4年の歳月を経ての公開。楽しみに待っていたファンも多いようです。

この映画は「クラウドファンディングで集まった約33,000人の賛同者から、1億円を超える製作費を集めた」こと、「作者である西野さんご自身をプロデューサーとして、イラスト・着色・デザインなど総勢33名のクリエイターと共に作り上げた」など、公開前から話題になっていましたね。

この記事では

・映画の上映期間はいつまで?
・映画館/上映館の情報
・SNSの評判/評価や感想は?
・原作絵本が無料で読めるサイトはここ!
・絵本作者や炎上の理由、あらすじの紹介
・2つの主題歌について

など情報盛りだくさんでご紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル』映画の上映期間はいつまで?

『えんとつ町のプペル』上映期間について予想してみました。

劇場アニメ『映画 えんとつ町のプペル』
公開日:2020年12月25日(金)
公開終了:2021年2月末くらい

公開終了日はあくまでも個人的な予想です。

 

それでは、なぜこのように予想したか説明しますね!

映画の公開期間は平均で大体1カ月となっていますので、2021年1月末あたりまでは公開していると予想できます。

「1ヵ月」と聞くと、「そんなに短いの?」と感じますよね。
現に、現在大ヒット上映中の『鬼滅の刃 無限列車編』も2020年10月16日(金)の公開から既に2カ月以上経っていますが、まだまだ絶賛上映中。記録を更新する勢いですよね!
お察しの通り、映画の上映期間はヒット具合により大きく変動します。
調べてみると・・・
  • ヒットしなかった場合2週間で打ち切り
  • 打ち切りにならない映画は1ヵ月弱から2ヵ月ほど
  • 大ヒットロングランとなると需要が無くなるまで
となっています。
ちなみに、記憶に新しいロングランでは
『ボヘミアンラプソディー』約6ヵ月
のロングランとなりました。
『えんとつ町のプペル』は、前述の通り原作の絵本出版時から話題になっていたこと、キャストも窪田正孝さんや芦田愛菜さん、立川志の輔さん、小池栄子さん、藤森慎吾さんなど、豪華な俳優陣が占めていることなど、話題性が高いので2ヵ月近く上映されるのではないかと予想できます。
このような理由から「上映は2ヵ月ほど」と予想しました。
予想以上の大ヒットとなれば、もっともっとロングランとなるかも!

スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル』映画館/上映館の情報

『えんとつ町のプペル』は全国の東宝系映画館で上映が始まっています。

劇場情報は公式サイトから確認することができます。

 

『えんとつ町のプペル』公式サイトはこちら
↓ ↓
映画館/上映館を探す

 

スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル』映画のSNSの評判/評価や感想は?

涙無くして見られない様子。
ハンカチが必需品ですね・・・

 

スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル』絵本が無料で読めるサイトはここ!

「5000部売上で大成功」と言われる絵本の世界で『えんとつ町のプペル』は、50万部の大大大ヒット!にも拘わらず、原作絵本は無料公開されています。

その理由は前述のように、原作者である西野さんが「絵本は最終目的の映画化とヒットのためのチラシ。見てもらうことに意味がある」と説明しています。

無料公開されている原作絵本は、公式サイトから読むことができます。

 

『えんとつ町のプペル』公式サイトはこちら
↓ ↓
原作絵本無料公開中

 

スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル』絵本作者とあらすじの紹介

絵本作者:西野亮廣

 

西野亮廣(にしのあきひろ)
・生年月日: 1980年7月3日 (2020年12月時点:40歳)出生地: 兵庫県
・学歴: 兵庫県立川西緑台高等学校
・出身: NSC大阪校22期
・事務所:
株式会社NISHINO (西野亮廣エンタメ研究所)
吉本興業 (エージェント契約)
・絵本作家としてのペンネームは「にしの あきひろ」
『えんとつ町のプペル』公開に寄せたメッセージはこちら。

「えんとつ町」は夢を持てば笑われて、行動すれば叩かれる現代社会の縮図で、『えんとつ町のプペル』は僕自身の物語でもあります。

テレビの外に飛び出した日、絵本を描き始めた日、あの日この日。
前例の無い挑戦を選ぶ度に、暇を潰すように笑われ、日本中から叩かれ、
悔しくて震えた夜は何度もありました。

『えんとつ町のプペル』は、見上げることすら許してもらえなかった自分や、自分と同じような目に遭っている挑戦者の物語を書いたハズだったのですが、今年、世界を襲った100年に1度のウイルスがその意味を大きく変えました。

たくさんの人が涙を流し、たくさんの夢や希望が消えてしまいました。
世界は黒い煙で覆われ、まるで「えんとつ町」のよう。
誰も見上げることをしません。

公開を来年に延期する話も上がりましたが、どっこい、『えんとつ町のプペル』は黒い煙を突き破り、星空を見つけるまでの希望の物語です。
2020年に公開する意味がある作品だと思いました。
もはや『えんとつ町のプペル』は一個人の物語ではありません。
この作品が、コロナ禍で負けそうになりながら、それでも踏ん張っている全ての人への応援歌になると幸いです。

僕も頑張ります。
あなたも頑張って。

引用:https://poupelle.com/

 

\にしのあきひろさんの絵本最新作/

 

あらすじの紹介

信じて、信じて、世界を変えろ。

厚い煙に覆われた“えんとつ町”。煙の向こうに“星”があるなんて誰も想像すらしなかった。一年前、この町でただ一人、紙芝居に託して“星”を語っていたブルーノが突然消えてしまい、人々は海の怪物に食べられてしまったと噂した。ブルーノの息子・ルビッチは、学校を辞めてえんとつ掃除屋として家計を助ける。しかしその後も父の教えを守り“星”を信じ続けていたルビッチは町のみんなに嘘つきと後ろ指をさされ、ひとりぼっちになってしまう。そしてハロウィンの夜、彼の前に奇跡が起きた。ゴミから生まれたゴミ人間・プペルが現れ、のけもの同士、二人は友達となる。そんなある日、巨大なゴミの怪物が海から浮かび上がる。それは父の紙芝居に出てきた、閉ざされたこの世界には存在しないはずの“船”だった。父の話に確信を得たルビッチは、プペルと「星を見つけに行こう」と決意する。しかしこの町の治安を守る異端審問官が二人の計画を阻止するために立ちはだかる。それでも父を信じて、互いを信じあって飛び出した二人が、大冒険の先に見た、えんとつ町に隠された驚きの秘密とは?

引用:https://poupelle.com/

 

\こちらの作品も人気です/

 

炎上の理由は原作絵本無料公開?

西野亮廣さんのイメージを思い浮かべると、どうしても「炎上」というキーワードが出てきますよね。実際に何度か炎上して話題になったことも。

『えんとつ町のプペル』も、Yahoo!で検索を行うと「炎上」というキーワードが出てきます。「絵本で何か炎上したの?」と調べてみると、原作を無料公開したことにより炎上したことがわかりました。

 西野氏は無料公開について説明したブログで「「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ?」と発言。無料公開について「お金の奴隷解放宣言」であると主張したのですが、こうした言い回しが、単価の安い仕事に苦しんでいる一部のクリエイターたちを刺激してしまったようです。また今回の騒動が絵本の売上げをさらに押し上げ、アマゾンでのランキングが1位になるなど、西野氏がたくさん稼ぐ結果になってしまったことも火に油を注いだといえそうです。

引用:Yahooニュース

確かに無料公開によりクリエイターの収入が減ってしまうことは、あってはならないことだと感じます。

でも、無料公開に至った理由は「ある小学生から2000円では高くて買えない」という意見が寄せられたこと。「より多くの人に見て欲しい」という思いから、ネット上での無料公開に踏み切りったそうです。

とても難しい問題ですよね・・・。「無料公開することで多くの人の目に留まり、映画に興味を持ってもらえて映画館への客足が増える」ことに繋がって、無料公開した分もしっかり回収できるといいなぁと感じます。

 

あくまでも個人的な意見です

スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル』映画の2つの主題歌!誰が歌ってる?

『えんとつ町のプペル』には2つの主題歌があります。歌っている方もBIGな方で驚きました。

オープニング主題歌:HYDE

 

オープニング主題歌の「HALLOWEEN PARTY -プペルver.-」は、HYDE/VAMPS主催のハロウィンイベント「HALLOWEEN PARY」のテーマソング。映画の題材にもなっている「煙で空が見えない町」をテーマに編曲し、歌詞も変えたそうです。

HYDEさんのコメントはこちら。

元々「えんとつ町のプペル」が大好きだったので、今回オファーをいただいて本当に嬉しかったです。
ハロウィンがまだ日本に定着してない2005年からハロウィンイベントを演っていましたが、イベントで歌う曲が世の中に無かったので理想的なハロウィンソングを作ろうと思って作ったのがこの「HALLOWEEN PARTY」という楽曲です。
やりたい事を詰め込んだので、この楽曲を超えるハロウィンソングを作るのは難しい。もし、似た曲を作ってと言われたら悩んだと思います。
しかし、脚本や絵コンテを見せていただいて、この町でこの曲が流れている雰囲気、えんとつ町の住人が踊っている様子を想像してアレンジをしていきました。
『映画 えんとつ町のプペル』は今までに無い独特な世界観で、クオリティも本当に高く、この作品に参加できたのは本当に光栄です。

引用:https://www.hyde.com/contents/8106

 

エンディング主題歌:ロザリーナ

 

エンディング主題歌『えんとつ町のプペル』の作詞・作曲は西野亮廣さん。この曲を含んだ最新ミニアルバム「ロザリーナⅡ」が2020年12月23日に発売されています。

スポンサーリンク

『えんとつ町のプペル まとめ

この記事では、現在大きな話題になっている劇場アニメ『映画 えんとつ町のプペル』についてリサーチ、その結果はこちら↓↓↓

・映画の上映期間⇒2月末までと予想
・映画館/上映館の情報⇒公式ホームページへ
・SNSの評判/評価や感想は?⇒「泣けた」とのコメントがたくさん!
・原作絵本が無料で読めるサイトは?⇒公式ホームページへ
・絵本作者や炎上の理由、あらすじの紹介
・HYDEとロザリーナが歌う2つの主題歌について
原作者である西野亮廣さんが「空を見上げることや夢を信じることを忘れてはいけない」という強いメッセージを込めて制作した、劇場アニメ『映画 えんとつ町のプペル』、私も見てみたいなぁと心動かされました。
ぜひ劇場で『えんとつ町のプペル』を見てみて下さいね!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アニメドラマ・映画
MIHOをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG