ボジョレーヌーボー解禁日2020とキャッチコピー!意味や賞味期限/出来/価格/予約方法も

暮らし
スポンサーリンク

10月に入り秋も深まってくると、そろそろ気になってくるのがボジョレーヌーボー。今年の解禁日も近づいてきましたね!

となると、各メーカーのラインナップや価格、キャッチコピーや今年の出来、評判といろいろ気になるところ。

そこで、今年のボジョレーヌーボーについてリサーチ。さっそくまとめていきます。

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020の解禁日はいつ?

ボジョレーヌーボー2020の解禁日は?

2020年のボジョレーヌーボー解禁日は

11月19日(木)午前0時

ボジョレーヌーボーの解禁日は「11月第3週の木曜日」午前0時と決まっています。
日付変更線の関係で日本は本場フランスより8時間も早く楽しむことができるんですよ!

ぞう
ぞう

本場より早いなんて嬉しいね!

「先進国の中で最も早くボジョレーヌーボーが解禁されるのが日本」というニュースをよく耳にしますが、そこでちょっと気になったことが。

「純粋に世界中で一番早くボジョレーヌーボーが解禁される国はどこなんだろう・・・」

答えは「キリバス共和国」
「全ての国の内で最も早くボージョレ・ヌー
ヴォーが解禁される国は」を考えるなら
この日付変更線を越えない範囲で、一番東側
にある国を探せばよいことになります。
ではどこかいなと日付変更線をなぞってゆく
と、一カ所東経 180°の線を大きく飛び出し
た「すごいデベソ」が有ることに気が付き
ます。

  「キリバス共和国」

がその国。キリバスは太平洋上に位置する
ギルバート諸島、フェニックス諸島、
そしてライン諸島の一部等を領土とする国家。
赤道にほど近い場所に東西3800kmに
渡って点在する島々で構成された国です。

引用:http://koyomi.vis.ne.jp/doc/mlwa/200611160.htm

ぞう
ぞう

キリバスの場所はここだよ


出典:yahooニュース

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020の価格と予約方法

ボジョレーヌーボー2020の価格の相場は?

ボジョレーヌーボーの価格って様々ですよね。買った後でもっと安く売っているお店を見つけると損した感じ。価格相場はどのくらいなんだろう・・・毎年感じていました。

そこでボジョレーヌーボーの相場価格についても調べてみました。

日本で販売されるボジョレーヌーボーは大きく2つに分類されます。

●スタンダードなボジョレーヌーボー
●ボジョレー・ヴィラージュ

スタンダードなボジョレーヌーボーより、ワンランク上とされるのがボジョレー・ヴィラージュ。違いを表にまとめます。

スタンダードな
ボジョレーヌーボー
ボジョレー・
ヴィラージュ
おおよその価格 1,500円~2,500円 3,000円~5,000円
特徴 ・ボジョレー地区で獲れたブドウを使用 ・ボジョレー地区の中でも限定されたボジョレーヴィラージュ地区で獲れたブドウを使用
・製造過程において特別な製法で作る

「自分の買ったものよりも安いボジョレーヌーボーがあった!」と悔しく感じるかもしれませんが、購入したものがワンランク上の「ボジョレー・ヴィラージュ」だったら納得できますね!

スタンダードなボジョレーヌーボーのおおよその価格が1,500円~2,500円とわかりましたが、実際にはもっと安価な商品もあります。価格重視よりも自分好みの1本を探すのも楽しみの1つですね。

ボジョレーヌーボー2020の予約方法

「ボジョレーヌーボーは予約しないと買えないの?」-いいえ、そんなことはありません!

解禁日になるとお店にたくさん並ぶボジョレーヌーボー。予約しないと買えないわけではありません。しかし、限定品だったり人気の商品の場合は予約をした方が確実な場合も。

また早期予約割引などの特典がある場合もありますので、早めにチェックをしておいた方がよさそうです。

各メーカーやオンラインショップの予約方法については後述しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020 言葉の意味とキャッチコピーは?歴代も紹介

ボジョレーヌーボー2020の言葉の意味は?

「ボジョレーヌーボー」という言葉の意味をご紹介します。

ボジョレー」→収穫地
ヌーボー」→フランス語で「新しい」という意味

つまり「ボジョレーヌーボー」とは「ボジョレー地区でその年に収穫したブドウで造った新酒」のこと。

あまり知られていませんが、ブルゴーニュ地方マコネ地区で収穫されるシャルドネ種から造られる「マコン・ヴィラージュ・ヌーボー」という新酒もあります。こちらは白ワインの新酒なんですよ!

ぞう
ぞう

マコン・ヴィラージュ・ヌーボーはイオンで扱いがあるよ!

ボジョレーヌーボー2020のキャッチコピーは?

ボジョレーヌーボーに関して毎年話題になる「キャッチコピー」。

その年の出来ばえを表現する「キャッチコピー」は、毎年いろいろな趣向をこらしたコピーが発表されています。

この「キャッチコピー」は誰が考えて、誰が決めるのか・・・
またまた気になって調べてみました。

キャッチコピー」が決まるまでの流れを簡単にご紹介します。

【1】「ボジョレーワイン委員会」がその年のブドウの出来ばえを発表

【2】【1】を元に「フランス食品振興会」がワインの専門用語などを用いて「キャッチコピー」を作成

【3】【2】を元に飲料メーカーなどが「キャッチコピー」を考えて発表

このような流れで「キャッチコピー」が作られるんですね!

2020年の「キャッチコピー」はまだ発表されていません。
どんな「キャッチコピー」が付くのか、そしてその「キャッチコピー」を元に「どんな味のワインなんだろう」と想像しながら選ぶのも楽しみの1つになりそうですね!

 

ぞう
ぞう

歴代のキャッチコピーを紹介します

ボジョレーヌーボーの歴代キャッチコピー一覧

  • 1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」
  • 1985年「近年にない上物」
  • 1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」
  • 1995年「ここ数年で一番出来が良い」
  • 1996年「10年に1度の逸品」
  • 1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」
  • 1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」
  • 1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」
  • 2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」
  • 2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」
  • 2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」
  • 2003年「110年ぶりの当たり年」
  • 2004年「香りが強く中々の出来栄え」
  • 2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」
  • 2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」
  • 2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」
  • 2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
  • 2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」
  • 2010年「2009年と同等の出来」
  • 2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」
  • 2012年「史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか」
  • 2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」
  • 2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」
  • 2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」
  • 2016年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」
  • 2017年「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」
  • 2018年「しっかりとして味わい深く、同時になめらかで複雑」。「2017年、2015年、2009年と並び、珠玉のヴィンテージとして歴史に刻まれるでしょう」
  • 2019年 有望だが、生産者のテクニックが重要な年
  • 2020年 今年のキャッチコピーは???

 

表現が難しくて、これを元にワインの味を想像するのも難しい(笑)!

今年はどんなキャッチコピーが付くのか、発表を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020の出来と評判は?

2020年のボジョレーヌーボーの出来について紹介している記事を見つけました。

早速ですが、ボジョレーワイン委員会の発表した2020年のブドウの品質についてお伝えしたいと思います!

今年は穏やかな冬と温かい春によってブドウの芽吹きが早く、早期の収穫が見込まれていましたが、夏の猛暑により収穫はさらに早まり、記録的に早い収穫となりました。

猛暑で干ばつが心配されるほど乾いた夏となったおかげで、カビなどに侵されることなく、ブドウの状態はずば抜けて健全。ブドウの水分量が少ないため比較的重量が軽く、凝縮感を与えているとのこと。

さらに化学的な分析によると、ブドウの酸度は平均程度で、渋みの元となるアントシアニンの成熟は順調に進行中のようです。

なんだか濃厚なボジョレー・ヌーヴォーになりそうな予感がしますね!

引用:https://www.enoteca.co.jp/article/archives/15982/

 

ボジョレーワイン委員会が「2020年と似ているヴィンテージ」として語っているのは、ヴィンテージチャートで91点を獲得している2000年と2011年

2011年の「キャッチコピー」を確認してみると・・・

2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」

 

上々の出来が期待できそうですね!
ますます解禁日が楽しみになってきました!

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020の賞味期限は?いつまで飲めるの?

ワインってよく「熟成させると美味しい」と聞きますが、ボジョレーヌーボーはどうなんでしょうか?ボジョレーヌーボーに賞味期限ってあるのかな・・・

こちらも調べてみました。

 

結論からお伝えすると・・・

普通のワイン同様に熟成させることは可能

ただし、、美味しいか美味しくないかは個人の好みによります。

 

実際に9年前のボジョレーヌーボーを飲んでみた方のコメントがこちら。

お好みの味だったようですね!

 

とは言っても、ボジョレーヌーボーの一番の特徴は「フレッシュ感」。
通常のワインは収穫から発売までどんなに早くても半年以上は期間を必要とするところを、ボジョレーヌーボーの場合は2~3か月で販売開始となります。

ボジョレーヌーボーでしか味わえない「フレッシュ感」を楽しむためにも、早く飲んだ方がいいと言われているようです。

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020 イオンのおすすめ商品は?

2020年、イオンのボジョレーヌーボーラインナップご紹介!

出典:AEON de WINE

 

出典:AEON de WINE

1.シャトー・ド・ラ・リゴディル ボージョレ・ヌーヴォー
赤/ミディアムボディ
【イオン直輸入ワイン】
(早得プライス)2,178円・税込み
(通常プライス)2,508円・税込み
2.シャトー・ド・ラ・リゴディル ボージョレ・ヌーヴォーロゼ
ロゼ/やや辛口
【イオン直輸入ワイン】
(早得プライス)2,178円・税込み
(通常プライス)2,508円・税込み

 

この「シャトー・ド・ラ・リゴディエル ボージョレ・ヌーヴォー」は2011年、2016年、2018年と過去3回最高金賞を受賞しています。伝統的な醸造方法と環境に優しいブドウ作りにこだわる醸造元「シャトー・ド・ラ・リゴディエル」が作り出す自慢の作品です。

過去の感想をチェックすると「ラベルが可愛くて買った」や「フルーティーな香りで、酸味、渋味がマイルド」というコメントも。

 

イオンのボジョレーヌーボーでは毎年お馴染みの花柄ラベルや黄色いラベルの商品は、もちろん今年も用意されています。どちらも安価ですが、あなどるなかれ。なかなかの人気商品なんですよ!

 

 

その他イオンのボジョレーヌーボーは全9本のラインナップ、様々なワインセットが用意されています。その中には前述の「マコン・ヴィラージュ・ヌーボー」なども用意されています。

詳細やご予約はAEON de WINEオンラインショップへ↓

AEON de WINE
●予約期間 ~11月15日(日)まで
早得お申し込みは10月26日(月)まで
商品お届けは11月19日(木)解禁日!
AEON deWINEオンラインショップはこちら

 

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020 セブンのおすすめ商品は?

随時更新していきます

2020年のデザインはかわいいと評判♪

2019年のセブンイレブンのボジョレーヌーボーはこちら。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020 サントリーのおすすめ商品は?

随時更新していきます

2019年サントリー(SUNTORY)のボジョレーヌーボー。

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020 カルディのおすすめ商品は?

2021年分は随時更新していきます

2019年のカルディのボジョレーヌーボーはこちら。

 

スポンサーリンク

ボジョレーヌーボー2020 Amazonのおすすめ商品は?

ボジョレーヌーボー2020 Amazonの売れ筋ランキングベスト5をご紹介します。
(売れ筋ランキングは10月18日現在のものです)

【1位】ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヌーヴォー2020

 

【2位】ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス2020

 

【3位】ジョルジュ デュブッフ ボジョレーヴィラージュ ヌーヴォー2020

 

【4位】アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーボー

 

【5位】ジョルジュ デュブッフ マコン ヴィラージュ ヌーヴォー2020

スポンサーリンク

まとめ

2020年のボジョレーヌーボーに関する情報をリサーチ、まとめてみました。

最後に2020年のボジョレーヌーボー選びのヒントを1つ。
「今年のボジョレー地区のワインは古樹が良い実を付けた」と報告している記事を見つけました。と言われても見分けなんて付かない!なんて思ってしまいますが、実は、古樹であれば「Vieille Vigne(ヴィエイユ・ヴィーニュ)」とラベルに記載されているそうです。

ぜひ探してみて下さい!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
MIHOをフォローする
スポンサーリンク
もりぞうBLOG