流行語大賞の発表日2019はいつ?歴代一覧と今年の予想&候補を紹介!

流行語大賞の発表日2019はいつ?歴代一覧と今年の予想&候補を紹介! ニュース
スポンサーリンク

2019年11月6日、2019年の『ユーキャン新語・流行語大賞』ノミネート30語が発表されました。
流行語大賞と聞くと今年ももう終わりだなーって感じがしますね。

2019年は平成から令和へ元号が変わり、消費税が8%から10%に変わったりと変化の多い一年でしたね。
つい最近ではラグビーW杯で日本中が熱狂したりとニュースもたくさんありました。

スポンサーリンク

流行語大賞の発表日2019

2019年の『ユーキャン新語・流行語大賞』は12月2日に発表されます。

今回選出されたノミネート30語の中から『ユーキャン新語・流行語大賞』のトップ10と年間大賞語が
選考委員会によって選ばれます。

スポンサーリンク

2019年の流行語大賞ノミネート一覧

No. ノミネート語 No. ノミネート語 No. ノミネート語
1 あな番(あなたの番です) 11 上級国民 21 ホワイト国
2 命を守る行動を 12 スマイリングシンデレラ/しぶこ 22 MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
3 おむすびころりんクレーター 13 タピる 23 ◯◯ペイ
4 キャッシュレス/ポイント還元 14 ドラクエウォーク 24 免許返納
5 #KuToo 15 翔んで埼玉 25 闇営業
6 計画運休 16 肉肉しい 26 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
7 軽減税率 17 にわかファン 27 令和
8 後悔などあろうはずがありません 18 パプリカ 28 れいわ新選組/れいわ旋風
9 サブスク(サブスクリプション) 19 ハンディファン(携帯扇風機) 29 笑わない男
10 ジャッカル 20 ポエム/セクシー発言 30 ONE TEAM(ワンチーム)

これら30語の中には最近行われたラグビーW杯2019から4語選ばれています。
日本人で42年ぶりに全英女子オープンを制した「スマイリングシンデレラ」こと渋野日向子選手などもノミネート。

スポンサーリンク

歴代のノミネート一覧

【新語・流行語大賞】歴代年間大賞一覧
受賞年 受賞語
2018年  そだねー
2017年  インスタ映え、忖度
2016年  神ってる
2015年  爆買い、トリプルスリー
2014年  ダメよ~ダメダメ、集団的自衛権
2013年  今でしょ!、お・も・て・な・し、じぇじぇじぇ、倍返し
2012年  ワイルドだろぉ
2011年  なでしこジャパン
2010年  ゲゲゲの~
2009年  政権交代
2008年  アラフォー、グ~!
2007年  (宮崎を)どげんかせんといかん、ハニカミ王子
2006年  イナバウアー、品格
2005年  小泉劇場、想定内(外)
2004年  チョー気持ちいい
2003年  毒まんじゅう、なんでだろう~、マニフェスト
2002年  タマちゃん、W杯(中津江村)
2001年  米百俵、聖域なき改革、恐れず怯まず捉われず、骨太の方針、ワイドショー内閣、改革の「痛み」
2000年  おっはー、IT革命
1999年  雑草魂、ブッチホン、リベンジ
1998年  ハマの大魔神、凡人・軍人・変人、だっちゅーの
1997年  失楽園(する)
1996年  自分で自分をほめたい、友愛/排除の論理、メークドラマ
1995年  無党派、NOMO、がんばろうKOBE
1994年  すったもんだがありました、イチロー(効果)、同情するならカネをくれ
1993年  Jリーグ
1992年  きんさん・ぎんさん
1991年  …じゃあ~りませんか

こうやってみてみると懐かしいですね〜。
「ダメよ〜ダメダメ」とまだ喋れない赤ちゃんの娘に言ってたのを思い出しました。

スポンサーリンク

2019年のノミネート大賞を予想

過去の流行語大賞を振り返ると、オリンピック・スポーツ関係が多いかなと思います。
なので、2019年の流行語大賞はラグビーW杯関連が熱いのではないかと予想します。

個人的には「あなたの番です」もハマっていましたし、子供が「パプリカ」好きというのもあるので候補にあげたいところです。

スポンサーリンク

まとめ

11月6日(水)に2019年の『ユーキャン新語・流行語大賞』ノミネート30語が発表され、2019年の大賞候補が明らかとなりました。
2019年の『ユーキャン新語・流行語大賞』は12月2日に発表されます。
30語の候補をみていると2019年の出来事が鮮明に蘇りますね。
2019年は平成から令和へ時代が変化する1年でもありました。
発表はもうすぐです!楽しみにしながら注目してみましょう!

スポンサーリンク

追記:2019年12月2日【新語・流行語大賞】の年間大賞が発表されました

『2019 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)が12月2日に発表されましたね。

“年間大賞”にはラグビーW杯日本大会のチームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」に決定しました。

年間大賞となった「ONE TEAM(ワンチーム)」は初の8強入りを果たし、日本中を沸かせたラグビー日本代表チームが輝きました。

「ONE TEAM」は、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフヘッドコーチが掲げたテーマです。

選定理由として「日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売し、ラグビーを始める子どもたちも急増した」と解説しています。

トップ10には、以下が選出されています。
「計画運休」 受賞者:国土交通省
「軽減税率」 受賞者:秋葉弘道(有限会社アキダイ 代表取締役社長)
「スマイリングシンデレラ/しぶこ」 受賞者:渋野日向子
「タピる」 受賞者:たぴりすと。華恋 たぴりすと。奈緒
「#KuToo」 受賞者:石川優実
「◯◯ペイ」 受賞者:PayPay株式会社
「免許返納」 受賞者:免許返納された全ての人
「闇営業」 受賞者:FRIDAY編集部
「令和」 受賞者:御田良知(坂本八幡宮宮司)

選考委員特別賞として、今年2019年に引退したイチロー(鈴木一朗)の
「後悔などあろうはずがありません」が選ばれました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース
スポンサーリンク
もりぞうをフォローする
もりぞうBLOG